「二子玉川園」の版間の差分

==主な施設==
==歴史==
:;[[1909年]]:玉川電気鉄道の手により、同社の集客施設として東京郊外の荏原郡玉川村瀬田に玉川遊園地を開設。[[浅草花やしき|浅草花屋敷]]に業務を委託。<br>[[久遠寺|身延山]]東京別院が誘致され、また「玉川閣」と名付けられた演芸娯楽施設があった。遊戯施設は少なく、い代わりに大運動場があった。
:;[[1922年]] 7月:多摩川沿いに玉川第二遊園地(玉川児童園)を開設。従来の遊園地は玉川第一遊園地(または瀬田遊園地)と呼ばれるようになる。
:;[[1925年]] 6月:玉川第二遊園地に隣接して玉川プールを開場。
:;[[1927年]]:玉川プールに隣接してテニスコートを設置。
:;[[1929年]]:委託経営を取りやめ、玉川電気鉄道の直営となる。
:;[[1939年]]:玉川第二遊園地は[[読売新聞]]と提携し、読売遊園と改称。のちにパラシュート練習塔が設けられる。(戦後、[[江ノ島]]に灯台として移築)
:;[[1944年]]:玉川第一遊園地を閉鎖。(戦後、[[第一銀行]]のグラウンドになる)また、読売遊園も休業。東急社員向けの農場に転用される。
:;[[1954年]][[3月27日]]:[[東急不動産]]の手により、二子玉川園として再開。
:;[[1955年]][[4月1日]]:東京急行電鉄が経営を受託。
匿名利用者