メインメニューを開く

差分

旧制日大三中(現在の[[日本大学第三高等学校]])卒業後、[[1940年]]に[[中日ドラゴンズ|名古屋]]に入団、その年の内に兄・数雄の在籍していた[[松竹ロビンス|ライオン]]に移籍、[[1942年]]まで在籍する(数雄は[[1941年]]に南海に移籍)。その後、プロ野球からしばらく離れるが、[[1950年]]、[[埼玉西武ライオンズ|西鉄クリッパース]]でプロ球界に復帰、[[1952年]]には[[大阪近鉄バファローズ|近鉄]]に移籍、打率リーグ4位を記録。[[1958年]]まで現役生活を続けた。
 
引退後はアマチュア球界に転じて、[[三菱化成]]を経て[[柳川高等学校|柳川商業高校]]で監督を務めた。[[1968年]]に西鉄のコーチとしてプロ球界に復帰、翌[[1969年]]途中からは[[黒い霧事件 (日本プロ野球)|黒い霧事件]]の責任を取って引退・辞任した[[中西太]]の後を受けて代理監督を務めた(対戦成績14勝7敗)。
 
[[1976年]]、太平洋の監督となった。もともと、フロントは[[レオ・ドローチャー]]を招聘する予定が、種々の事情で来日しなくなり、急きょヘッドコーチの鬼頭に要請され、就任したものである。球団名がクラウンとなった[[1977年]]まで2年間務めたが2年とも最下位に終わった。
 
クラウン監督辞任後は、[[太宰府市]]に在住。球界の表舞台に登場することはなかったが、[[1985年]]まで[[九州朝日放送]]・[[NHK福岡放送局]]の野球解説者として活躍。[[2001年]]より息子長男の母校である[[九州大学]]野球部の臨時コテクニカルアドバイザつとめてい引き受け、地元の大学野球界の発展にも尽力した。
 
[[2008年]][[11月4日]]、[[肝癌|肝臓癌]]のため死去。[[享年]]88。
匿名利用者