「マン・ホイットニーのU検定」の版間の差分

m (記号誤りの修正)
{{混同|ウィルコクソンの符号順位検定}}
'''マン・ホイットニーのU検定'''(マン・ホイットニーのユーけんてい、{{lang-en-short|Mann–Whitney ''U'' test}})は[[ノンパラメトリック手法|ノンパラメトリック]]な[[仮説検定|統計学的検定]]の一つであり、特に特定の母集団がもう一方よりも大きな値を持つ傾向にある時に、2つの母集団が同じであるとする[[帰無仮説]]に基づいて検定する。'''ウィルコクソンの順位和検定'''と呼ばれるのも実質的に同じ方法であり、まとめて'''マン・ホイットニー・ウィルコクソン検定'''とも呼ばれる。