「シグモイド」の版間の差分

編集の要約なし
m (ボット: 言語間リンク 4 件をウィキデータ上の d:q416662 に転記)
[[Image:Logistic-curve.png|thumb|シグモイド関数]]
[[File:Gjl-t(x).svg|thumb|320px|right|{{lang|el|ς}}型の関数の比較]]
 
'''シグモイド'''(sigmoid)({{lang-en-short|sigmoid}})とは、[[ギリシア文字]][[∑|シグマ]] ({{lang|el|σ}}) の語末形({{lang|el|ς}})に似た形のこと。[[S字形]]ともいう。
 
特に各種[[統計図表|グラフ]]に現れる'''シグモイド曲線''' ({{lang-en-short|sigmoid curve}}) を指す。このようなグラフは[[個体群]]増加や、ある[[閾値]]以上で起きる反応(例えば[[急性毒性]]試験での死亡率)などに見られる。
 
==共通する特徴==
*[[ロジスティック関数]]
**[[シグモイド関数]] - ロジスティック関数の特殊例
**[[双曲線正接関数]] (tanh) - ロジスティックシグモイド関数の線形変換の特殊例
*[[正規分布]]の累積分布関数 ({{lang|el|Φ}}<sup>-1</sup>) - [[プロビット]]の[[逆関数]]
*[[ゴンペルツ関数]]
*[[逆正接関数]] (Tan<sup>-1</sup>arctan)
* <math>\sin(\arctan(x)) = \frac{x}{\sqrt{1 + x^2}}</math>
* [[グーデルマン関数]] <math>gd(x) = \arcsin(\tanh(x))</math>
* <math>\frac{x}{1 + |x|}</math>
 
==実際の例==
791

回編集