「アレックス・カッツ」の版間の差分

m
 
==経歴と作品==
アレックス・カッツは、[[ニューヨーク]]の[[ブルックリン区]]で生まれた。[[1928年]]、家族で[[クイーンズ区]]のセント・オールバンス([[:en:St. Albans, Queens|St. Albans]])に引っ越した。[[1946年]]から[[1949年]]にかけてニューヨークのクーパー・ユニオン([[:en:Cooper Union|Cooper Union]])で、1949年から[[1950年]]にかけて[[メイン州]][[スカウヒーガン([[:en:Skowhegan, Maine(メイン州)|Skowheganスカウヒーガン]]のスカウヒーガン絵画彫刻学校([[:en:Skowhegan School of Painting and Sculpture|Skowhegan School of Painting and Sculpture]])に学んだ。[[1954年]]、カッツの最初の個展(絵画展)がニューヨークのロコ・ギャラリーで催された。[[1974年]]、[[ホイットニー美術館]]は「Alex Katz Prints」展を、さらに[[1986年]]にはアレックス・カッツ回顧展が巡回された。
 
画家としての最初の10年間、カッツは1000枚の絵を破棄したことを認めた。1950年代以降、カッツは美術家として成長し、自身が「考えられる以上に不変の」絵を描くことを試みるという意味で、より自由な作品を創作することを試みた。カッツの作品はシンプルに見えるが、カッツによれば、それらはより縮小されていて、自分の個性に合っているということである<ref>Robert Ayers (January 18, 2006), [http://www.artinfo.com/news/story/9528/alex-katz/ National Alex Katz], ARTINFO. Retrieved on 16 April 2008</ref>。
27,607

回編集