「ガッラ・プラキディア」の版間の差分

→‎生涯: ローマ略奪 (410年)にリンク先変更
m (Removing Link FA template (handled by wikidata))
(→‎生涯: ローマ略奪 (410年)にリンク先変更)
プラキディアは、テオドシウスの将でヴァンダル人の[[スティリコ]]とその妻セレナのもとで育った。スティリコは[[西ローマ帝国]]で事実上の軍のトップとなっており、彼自身によれば[[東ローマ帝国]]でもそうであった。408年、スティリコはホノリウス帝に処刑されたが、プラキディアの同意があったか、少なくとも異論なしだったとされる。スティリコの死により、非[[イタリア人]]のローマの将兵が[[西ゴート王国|西ゴート]]の[[アラリック1世]]の陣営に移り、アラリックの軍はすぐさま[[イタリア]]を[[侵略]]した。
 
409年か410年、アラリックによるローマ攻囲の間に、プラキディアは西ゴートの捕虜となった。西ゴート軍による[[ローマ]][[略奪 (410年)|ローマ略奪]]の間(410年8月24日からの3日間)もプラキディアは連行され、イタリア中をさまよったが、アラリックが死ぬと[[ガリア]]に移された。
 
414年1月、プラキディアはアラリックの弟で、その死後に西ゴートの王となった[[アタウルフ]]と[[ナルボンヌ]]で結婚した。歴史家の[[ヨルダネス]]は、二人は411年に[[フォルリ]]で結婚したとしている。ヨルダヌスによる日付は、彼女とアタウルフが事実上の結婚を済ませたときであると思われる。プラキディアが生んだ息子はテオドシウスと名付けられたが、幼児のうちに死に[[バルセロナ]]に埋葬された。のちにその遺体はローマの[[サン・ピエトロ大聖堂]]にある皇帝の霊廟に移された。アタウルフは自分が殺害したゴート人の[[首領]]の部下に襲われて重傷を負い、415年の夏、いまわの際にプラキディアをローマ人のもとへ返すよう命じた。416年、ゴート王[[ワリア]]はローマ人と条約を結んで支持を得る見返りに、彼女を返還した。
匿名利用者