「2013年の映画」の版間の差分

興行収益、受賞
(興行収益、受賞)
{{各年の映画ヘッダ|2013}}
'''2013年の映画'''(2013ねんのえいが)では、[[2013年]](平成25年)の[[映画]]分野の出来事(動向)について記述する。
 
==興行収益==
===全世界===
2013年の全世界興行収益トップ10は以下の通り:
{| class="wikitable sortable" style="margin:auto; margin:auto;"
|+ Highest-grossing films of 2013<ref>{{cite web|url=http://www.boxofficemojo.com/yearly/chart/?view2=worldwide&yr=2013&p=.htm|title=2013年興行収益|work=[[:w:Box Office Mojo|Box Office Mojo]]|accessdate=30 June 2013}}</ref>
|-
! 順位!! タイトル !! スタジオ !! 興行収益(全世界)
|-
| style="text-align:center;"| '''1'''
| 『[[アナと雪の女王]]』
| [[ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ]]
| $1,277,152,791
|-
| style="text-align:center;"| '''2'''
| 『[[アイアンマン3]]』
| [[マーベル・スタジオズ]]
| | $1,215,439,994
|-
| style="text-align:center;"| '''3'''
| 『[[怪盗グルーのミニオン危機一発]]』
| [[ユニバーサル・ピクチャーズ]] / [[イルミネーション・エンターテインメント]]
| $970,761,885
|-
| style="text-align:center;"| '''4'''
| 『[[ホビット 竜に奪われた王国]]』
| [[ワーナー・ブラザーズ]] / [[ニュー・ライン・シネマ]] / [[メトロ・ゴールドウィン・メイヤー|MGM]]
| $960,366,855
|-
| style="text-align:center;"| '''5'''
| 『[[ハンガー・ゲーム2]]』
| [[ライオンズゲート]]
| $864,912,963
|-
| style="text-align:center;"| '''6'''
| 『[[ワイルド・スピード EURO MISSION]]』
| ユニバーサル・ピクチャーズ
| $788,679,850
|-
| style="text-align:center;"| '''7'''
| 『[[モンスターズ・ユニバーシティ]]』
| [[ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ]] / [[ピクサー・アニメーション・スタジオ]]
| $743,559,607
|-
| style="text-align:center;"| '''8'''
| 『[[ゼロ・グラビティ (映画)|ゼロ・グラビティ]]』
| ワーナー・ブラザーズ
| $716,392,705
|-
| style="text-align:center;"| '''9'''
| 『[[マン・オブ・スティール]]』
| ワーナー・ブラザーズ / [[レジェンダリー・ピクチャーズ]]
| $668,045,518
|-
| style="text-align:center;"| '''10'''
| 『[[マイティ・ソー/ダーク・ワールド]]』
| マーベル・スタジオズ
| $644,783,140
|}
 
== 動向 ==
* 3月8日 - [[第36回日本アカデミー賞]]の結果が発表され、『[[桐島、部活やめるってよ]]』が最優秀作品賞を受賞した<ref>{{Cite web|url=http://mainichi.jp/select/news/20130309k0000m040114000c.html?inb=fa|title=日本アカデミー賞:「桐島、部活やめるってよ」3冠|date=2013-03-08|accessdate=2013-03-09|work=毎日.jp|publisher=毎日新聞}}</ref>。
* 3月22日 - アニメ映画『[[ドラえもん のび太のひみつ道具博物館|映画ドラえもん のび太のひみつ道具博物館<small>(ミュージアム)</small>]]』が公開14日目にして累計動員数が1億人を突破。これで『[[映画ドラえもん]]』シリーズが[[東宝]]でのこれまでの記録である『[[ゴジラ]]』シリーズ全28作を抜く1億人突破となった<ref>{{Cite news|url=http://www.oricon.co.jp/news/movie/2022952/full/|title=『ドラえもん』が『ゴジラ』を抜き史上初の快挙! 映画シリーズ累計動員1億人突破|publisher=オリコン|work=ORICON STYLE|date=2013-03-26}}</ref>。
* 4月27日〜29日、5月3日〜6日 「[[イタリア映画祭]]2013」、東京・[[有楽町朝日ホール]]にて開催(予定)<ref>[http://mainichi.jp/enta/news/20130417dde018040073000c.html?inb=fe イタリア映画祭:27日から東京で] 毎日新聞 2013年04月17日 東京夕刊</ref>
* 5月15日 - 5月26日 - [[第66回カンヌ国際映画祭]]が開催され、フランス映画の『[[アデル、ブルーは熱い色]]』が[[パルム・ドール]]を受賞した。
* 8月28日 - 9月7日 - [[第70回ヴェネツィア国際映画祭]]が開催され、イタリア・フランス映画の『[[ローマ環状線、めぐりゆく人生たち]]』が[[金獅子賞]]を受賞した。
* 9月1日 - [[宮崎駿]]が『[[風立ちぬ (2013年の映画)|風立ちぬ]]』を最後に長編アニメーション映画の製作から引退する事をスタジオジブリ社長[[星野康二]]が発表<ref>{{cite news|url=http://animeanime.jp/article/2013/09/02/15404.html|title=宮崎駿監督が引退、長編映画は「風立ちぬ」が最後に スタジオジブリ星野社長が発表|date=2013年9月2日|accessdate=2015年2月14日|publisher=アニメ!アニメ!}}</ref>
* 10月15日 - 絵本作家の[[中川李枝子]]と[[山脇百合子]]が第61回[[菊池寛賞]]を受賞。
* 10月17日 - 25日 [[第26回東京国際映画祭]]が開催された。
 
== 日本公開作品 ==
 
== 受賞 ==
===主要映画賞===
{| class="wikitable" style="font-size: 90%;"
|-
! rowspan="2" style="width:20px;"| カテゴリー/主催 !! colspan="2" style="width:250px;"| [[第71回ゴールデングローブ賞]]<br />2014年1月12日!! rowspan="2" style="width:250px;"| [[第19回放送映画批評家協会賞]]<br />2014年1月16日!! rowspan="2" style="width:250px;"| [[第20回全米映画俳優組合賞]]<br /> 2014年1月18日 !! rowspan="2" style="width:250px;"| [[第67回英国アカデミー賞]]<br />2014年2月16日 !! rowspan="2" style="width:250px;"| [[第86回アカデミー賞]]<br /> 2014年3月2日
|-
! width=200| ドラマ !! style="width:200px;"| ミュージカル/コメディ
|-
| 作品賞 || 『[[それでも夜は明ける]]』 ||『[[アメリカン・ハッスル]]』 || 『[[それでも夜は明ける]]』 ||'''N/A'''|| colspan=2|『[[それでも夜は明ける]]』
|-
| 監督賞 || colspan=3|[[アルフォンソ・キュアロン]]<br />『[[ゼロ・グラビティ (映画)|ゼロ・グラビティ]]』 ||'''N/A'''|| colspan=2|[[アルフォンソ・キュアロン]]<br />『[[ゼロ・グラビティ (映画)|ゼロ・グラビティ]]』
|-
| 主演男優賞 || [[マシュー・マコノヒー]]<br />『[[ダラス・バイヤーズクラブ]]』 || [[レオナルド・ディカプリオ]]<br />『[[ウルフ・オブ・ウォールストリート]]』 ||colspan=2|[[マシュー・マコノヒー]]<br />『[[ダラス・バイヤーズクラブ]]』 || colspan=1|[[キウェテル・イジョフォー]]<br />『[[それでも夜は明ける]]』 || [[マシュー・マコノヒー]]<br />『[[ダラス・バイヤーズクラブ]]』
|-
| 主演女優賞 || [[ケイト・ブランシェット]]<br />『[[ブルージャスミン]]』 ||[[エイミー・アダムス]]<br />『[[アメリカン・ハッスル]]』 ||colspan=4|[[ケイト・ブランシェット]]<br />『[[ブルージャスミン]]』
|-
| 助演男優賞 || colspan=4| [[ジャレッド・レト]]<br />『[[ダラス・バイヤーズクラブ]]』 ||[[バーカッド・アブディ]]<br />『[[キャプテン・フィリップス]]』|| colspan=1| [[ジャレッド・レト]]<br />『[[ダラス・バイヤーズクラブ]]』
|-
| 助演女優賞 || colspan=2|[[ジェニファー・ローレンス]]<br />『[[アメリカン・ハッスル]]』 || colspan=2|[[ルピタ・ニョンゴ]]<br />『[[それでも夜は明ける]]』|| colspan=1|[[ジェニファー・ローレンス]]<br />『[[アメリカン・ハッスル]]』 || colspan=1| [[ルピタ・ニョンゴ]]<br />『[[それでも夜は明ける]]』
|-
| 脚色賞 || rowspan=2 colspan=2| [[スパイク・ジョーンズ]]<br /> 『[[her/世界でひとつの彼女]]』 || [[ジョン・リドリー]]<br /> 『[[それでも夜は明ける]]』 ||'''N/A'''|| colspan=1|[[スティーヴ・クーガン]]、ジェフ・ポープ<br /> 『[[あなたを抱きしめる日まで]]』|| [[ジョン・リドリー]]<br /> 『[[それでも夜は明ける]]』
|-
| 脚本賞 ||[[スパイク・ジョーンズ]]<br /> 『[[her/世界でひとつの彼女]]』||'''N/A'''||[[デヴィッド・O・ラッセル]]<br />『[[アメリカン・ハッスル]]』|| [[スパイク・ジョーンズ]]<br /> 『[[her/世界でひとつの彼女]]』
|-
| アニメ映画賞 || colspan=3| 『[[アナと雪の女王]]』 ||'''N/A'''|| colspan=2| 『[[アナと雪の女王]]』
|-
| 作曲賞 || colspan=2| 『[[オール・イズ・ロスト 〜最後の手紙〜]]』<br />アレックス・エバート||『[[ゼロ・グラビティ (映画)|ゼロ・グラビティ]]』<br />[[スティーヴン・プライス]]||'''N/A'''|| colspan=2| 『[[ゼロ・グラビティ (映画)|ゼロ・グラビティ]]』<br />[[スティーヴン・プライス]]
|-
| 歌曲賞 || colspan=2| 『オーディナリー・ラヴ』<br />『[[マンデラ 自由への長い道]]』 ||『[[レット・イット・ゴー (ディズニーの曲)|レット・イット・ゴー]]』<br />『[[アナと雪の女王]]』 ||'''N/A'''||'''N/A'''|| 『[[レット・イット・ゴー (ディズニーの曲)|レット・イット・ゴー]]』<br />『[[アナと雪の女王]]』
|-
| 外国語映画賞 || colspan=2|『[[グレート・ビューティー/追憶のローマ]]』||『[[アデル、ブルーは熱い色]]』||'''N/A'''|| colspan=2|『[[グレート・ビューティー/追憶のローマ]]』
|}
 
===主要映画祭===
* [[第70回ヴェネツィア国際映画祭]]
** [[金獅子賞]]: 『[[ローマ環状線、めぐりゆく人生たち]]』([[ジャンフランコ・ロッシ (映画監督)|ジャンフランコ・ロッシ]]監督)
|-
|}
{{節stub}}
 
== 参考文献 ==
 
{{各年の映画}}
 
{{Movie-stub}}
{{デフォルトソート:2013ねんのえいか}}
[[Category:2013年の映画|*]]
3,164

回編集