「キダチチョウセンアサガオ属」の版間の差分

m
編集の要約なし
(+Redirect)
m
 
== 毒性 ==
キダチチョウセンアサガオ属の植物は広義の[[チョウセンアサガオ]]の仲間であり、同様に有毒植物である。含まれている成分は[[スコポラミン]](ヒヨスチン)、[[ヒヨスチアミン]]などである。[[薬草]]に使われることもあるが、一般には[[毒草]]として扱われるので、取り扱いには十分注意が必要である。主に[[地下茎]]から[[抽出]]した[[成分]]は、[[聴覚]]性[[幻覚]]・[[急性]][[痴呆]]・[[行動]]異状を引き起こす
 
== 種類 ==
10

回編集