「見知らぬ女からの手紙」の版間の差分

[[1945年]]、2人は北京で一瞬の再会を果たす。女は[[娼婦|高級娼婦]]となっていた。男は女を全く覚えていなかった。失望、そして諦観。それでも女は毎年男の誕生日に、愛を交わした日の思い出の白い薔薇の花を贈り続けた。
 
そして[[1947年|2年後]]、パーティーの席で顔を合わせた2人。過去を思い出さないままの男の誘いを、女は拒まなかった。翌朝、女は自分の贈った薔薇を1輪貰って静かに去った…。
 
女からの手紙は2人の間の息子の病死と、女の死をも告げるものだった。手紙はこう結ばれていた。「恋に落ちたあの時から、私の心にいたのはあなただけ<!-- {{lang|zh|从那一秒钟起,我的心里就只有一个人,就是你}} -->。」
 
== 配役 ==
* 女 - [[徐静蕾]](シュー・ジンレイ)
匿名利用者