「シモン・ボリバル」の版間の差分

編集の要約なし
ヌエバ・グラナダのカルタヘナで、スペインへの徹底抗戦を誓う'''カルタヘナ宣言'''を発表。これに共感したヌエバ・グラナダの市民はボリバルをベネズエラ解放遠征軍司令官に任命。[[ボゴタ|サンタフェ・デ・ボゴタ]]を中心とする{{仮リンク|クンディナマルカ共和国|es|Estado Libre de Cundinamarca|en|Free and Independent State of Cundinamarca}}([[1810年]] - [[1815年]])の指導者{{仮リンク|アントニオ・ナリーニョ|es|Antonio Nariño|en|Antonio Nariño}}の支援を得て[[1813年]]、ボリバルはベネズエラ進攻を指揮して5月23日にメリダに入り、''El Libertador''(解放者)と呼ばれた。8月6日にカラカスを奪回し、{{仮リンク|ベネスエラ第二共和国|en|Second Republic of Venezuela}}([[1813年]] - [[1814年]])の成立を宣言した。
 
兵力劣勢な共和派が成功したのは、軽快な機動力と優れた戦術によるものであった。だがカラカスに入り込むと、ボリバルの足は縛られた。強力な王党派軍はたいして減っておらず、白人クリオーリョへの反感を利用して地方の[[メスティーソ]]や[[インディオ]]などの民衆から兵を集め、カラカスを締め上げた。そのうえ、スペイン本国においても1814年に[[半島戦争|スペイン独立戦争]]が終結して[[フェルナンド7世 (スペイン王)|フェルナンド7世]]が復位したため、植民地の独立軍を鎮圧する体制を整えられるようになった。カラカス市民は共和派支持を鮮明にしており、その頃荒れ狂っていた王党派の虐殺から逃れてきた難民でカラカスの人口は膨れ上がった。そのような情勢で軽々しく市を放棄すると、味方の市民が殺される恐れがあった。[[1814年]]に共和派の軍は防衛戦で消耗したあげく、分かれて脱出した。ボリバルが市民を引きつれて東に脱出すると、スペイン軍は再びカラカスを占領した。
 
さらにその頃ヌエバ・グラナダでは、[[トゥンハ]]に首都を置き連邦制を主張するヌエバ・グラナダ連合州とボゴタに拠点を置き中央集権体制を目指すクンディナマルカ共和国が対立し、独立勢力同士で内戦状態となっていた。ボリバルはカルタヘナへと戻ると、ヌエバ・グラナダ連合州の軍を率いて1814年にボゴタを攻略し<ref>二村久則編集『コロンビアを知るための60章』エリアスタディーズ90  82ページ [[明石書店]] 2011年6月30日初版第1刷 </ref>、両勢力を統合した。ヌエバ・グラナダ連合州は首都をボゴタに移し、さらに[[サンタ・マルタ]]のスペイン軍を包囲するが、根拠地だったカルタヘナで起きた王党派の蜂起に敗れたため、[[1815年]]にイギリス領[[ジャマイカ]]へと亡命した。亡命後、スペイン軍は兵力を増強して独立軍の拠点を次々と陥落させ、1815年にはカルタヘナも陥落した。
 
=== ジャマイカ書簡 ===
[[1816年]]にハイチの援助を得てボリバルはベネズエラに上陸し再びスペインとの戦闘を開始した。ここで奴隷制を廃止し、その解放した奴隷たちを自軍の兵士に組み込み一進一退の戦いを続けたが、{{仮リンク|ジャネーロ|en|Llanero}}({{lang|es|Llanero}})を説得し、アンゴストゥーラを攻略したところで劣勢になり、再びハイチに亡命した。[[1817年]]夏に再びベネズエラに上陸し、アンゴストゥーラ(現在の[[シウダ・ボリバル]])を攻略すると、今度はアンゴストゥーラを{{仮リンク|ベネスエラ第三共和国|es|Tercera República de Venezuela}}([[1817年]] - [[1819年]])の臨時首都と宣言した。さらにジャネーロの頭目([[カウディーリョ]]){{仮リンク|ホセ・アントニオ・パエス|en|José Antonio Páez}}の協力を取り付けることに成功し、イギリスは独立勢力を公然と援助することはなかったが、この頃イギリス・スペイン関係は冷却化していたためイギリス人やスコットランド人やアイルランド人の[[義勇兵]]が軍に加わってきた。
 
ベネズエラでの作戦中、1816年にボゴタが陥落し、ヌエバ・グラナダの独立勢力は完全に崩壊した。[[1819年]]、ボリバルは守りの堅いカラカスをやり過ごしてヌエバ・グラナダにとってかえす作戦を立案した。部隊を二手に分け、一隊を平野部(ジャノ)に進撃させ、ボリバル率いる本隊はアンデス山脈を越えてヌエバ・グラナダへ進撃するというものであった。ボリバル率いる本隊は、風雨と寒気にさらされて多数の死者を出したが、スペイン軍の裏を見事に衝いて、同年8月7日、[[ボヤカの戦い]]で勝利し<ref>二村久則編集『コロンビアを知るための60章』エリアスタディーズ90  84ページ [[明石書店]] 2011年6月30日初版第1刷 </ref>、8月10日ボゴタに再入城した。
 
=== 大コロンビア ===
=== グアヤキル会談 ===
[[ファイル:Guayaquil LaRotonda Bolivar SanMartin.JPG|thumb|250px|[[グアヤキル]]に並び立つ、二人の解放者とラテン・アメリカの解放と統一の記念碑]]
このころ、[[アルゼンチン]]の[[ホセ・デ・サン・マルティン]]将軍は、チリの独立指導者[[ベルナルド・オイヒンス]]や、[[スコットランド]]の元[[英王立海軍]]軍人[[トマス・コクラン]]らの力を借りて、アルゼンチンの[[メンドーサ]]から'''{{仮リンク|アンデス山脈越え|en|Crossing of the Andes}}'''を持って[[チリ]]を解放し、そこから海路ペルーまで進み、初代ペルー護国官となって南から解放戦争を進めていた。しかし、このペルー共和国の支配権は海岸部に限定され、アルト・ペルー(現ボリビア)に拠点を置くスペイン軍とペルー副王のラセルナは抵抗を続けてサン・マルティンを翻弄し、ペルー第一共和国の崩壊が迫っていた。
 
このため、サン・マルティンは大コロンビア軍に支援を求めようとした。ボリバルはこの思わぬもう一人の解放者に出くわしたことを喜び、解放されたグアヤキルで1822年7月26日に{{仮リンク|グアヤキル会談|es|Entrevista de Guayaquil|en|Entrevista de Guayaquil}}を行った。会談の内容は資料が残っておらず詳細は不明であるが、グアヤキル地方の帰属問題とペルーのスペインからの独立の仕方であったといわれている。ボリバルが共和制を望んだのとは対照的に、サン・マルティンはヨーロッパから王を導入して[[立憲君主制]]を導入することを望んでいたが、ナポレオンの戴冠によりフランス革命が大失敗したと考えていたボリバルにとって、これは到底受け入れることのできない条件だった。結局、ボリバル軍に加わりたいというサン・マルティンの申し出もボリバルが断ると、サン・マルティンはアルゼンチンに帰国してしまった。この会談ののち、サン・マルティンが軍を率いることは二度となく、1824年にはヨーロッパへと移住してしまった。このため、山岳部に勢力を張るスペイン軍との対決は、以後ボリバルの手にゆだねられることとなった。
 
=== ペルー解放 ===