「武藤貴也」の版間の差分

編集の要約なし
{{日本の国会議員
|衆議院議員  武藤  貴也<br />[[ファイル:Mutou.takaya.jpeg|200px]]
|{{生年月日と年齢|1979|5|25}}
|{{Flagicon|JPN}}[[北海道]][[白糠郡]][[音別町]]
|
|
|[[外務委員会]]<br />[[安全保障委員会]]<br />[[政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会]]<br />[[憲法審査会]]
|無
|[[滋賀県第4区|滋賀4区]]
 
== 経歴 ==
[[北海道]][[白糠郡]][[音別町]]生まれ(2005年10月、[[釧路市]]と合併)<ref name="SENTAKU1">[http://www.shigahochi.co.jp/info.php?type=article&id=A0001311 滋賀報知新聞 衆院選 武藤・自民4区候補が会見]</ref>。[[北海道釧路江南高等学校]]を卒業、[[東京外国語大学]]を卒業([[国際法]])、[[京都大学]][[大学院]]を修了([[国際政治]])<ref name="SENTAKU1"/><ref name="SENTAKU2">[http://www.asahi.com/senkyo2009/special/TKY200907240271.html 《地殻変動:3》自民も風頼み 若さだけが頼り]</ref>。[[2007年]]、大学院在学中に[[滋賀県議会]]の少数会派の政策スタッフになった<ref name="SENTAKU1"/><ref name="SENTAKU3">[http://www.ar-pro.biz/hybrid/mutou/mutou_leaf3.pdf TPPで日本は崩壊します]</ref>。
 
[[2009年]]の[[第45回衆議院議員総選挙]]の[[滋賀県第4区|滋賀4区]]では、[[岩永峯一]]の三男・[[岩永裕貴]]が当初自民党の公認を得ていたが、選挙前に父峯一が神慈秀明会から巨額の資金提供を受けていることが発覚。岩永は借りたと主張したが、各紙は「[[政治資金収支報告書]]の記載漏れ問題発覚」などと報じ、裕貴は結局立候補を取りやめた(裕貴は峯一の秘書を務めていた)<ref>[[滋賀報知新聞]]、平成21年4月28日</ref>。その後、代わりに武藤が自民党が行った全国公募で選ばれ、自民党から出馬し<ref name="SENTAKU1"/>、[[民主党 (日本 1998-)|民主党]]の[[奥村展三]]に敗れた。
* 選択的[[夫婦別姓]]制度の導入に反対<ref>朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。</ref><ref name="blog" />。
* [[婚外子]]差別撤廃に反対<ref>[http://mutoutakaya.blog65.fc2.com/blog-entry-131.html 「法の賢慮、平等主義に敗れたり」]</ref>。
* [[憲法改正論議|憲法改正]]や自主[[防衛]]を主張している<ref name="mainichi2012">{{Cite news|url = http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A25004003003|title = 2012衆院選 滋賀4区 武藤貴也 |newspaper = [[毎日jp]] |publisher = [[毎日新聞社]] |date = |accessdate = 2014-03-02 }}</ref>。
* 日本は[[日本の核武装論|核武装]]をするべきとしている<ref> 月刊日本、2014年4月22日</ref><ref name="mainichi2012"/>。
* [[原子力規制委員会 (日本)|原子力規制委員会]]の新基準を満たした[[原子力発電所|原発]]は再開すべきとしている<ref name="mainichi2012"/>。
匿名利用者