「ベンジル基」の版間の差分

m
sty
編集の要約なし
 
m (sty)
'''''ベンジル基''''' (benzyl group) は[[有機化学]]における原子団のひとつで、[[アルキル基]]の一種。[[ベンゼン]]の水素の一つが[[メチレン基]]に置き換わった構造である。構造式は C<sub>6</sub>H<sub>5</sub>CH<sub>2</sub>-&minus; であり、しばしば '''Bn''' または '''Bzl''' と略記される。
 
==保護基としての利用==
[[ヘテロ原子]]に結合したベンジル基は[[パラジウム]][[触媒]]存在下[[水素]]添加を行うことで切断される。これを利用し、[[水酸基]]や[[カルボキシル基]]、[[アミノ基]]の[[保護基]]として常用される。ベンジル基は酸性・塩基性・求核剤・[[ヒドリド還元]]などに対して安定であるため、保護基としての利用価値は高い。また[[バーチ還元]]、強酸と[[チオール]]の組み合わせなどによっても切断することが可能である。
20,476

回編集