メインメニューを開く

差分

m
編集の要約なし
{{Otheruses|日常生活用自転車の総称|貸し自転車|レンタサイクル}}
'''シティサイクル''' (City cycle) とは、現在の日本における[[自転車]]の中で最も一般的で多数を占める日常生活用車種の総称である。俗に「'''ママチャリ'''」などとも呼ばれる<ref>[[ロンドン]]でも[[:en:Mamachari|mamachari]]として売られている(「ママチャリ、ロンドンを快走中」Globe[[朝日新聞]][[2014年]]9月7日)。</ref>。また、「[[軽快車]]」と呼ばれることもある([[軽快車]]も参照)
 
「[[軽快車]]」とも呼ばれる事もある([[軽快車]]も参照)。
 
== 定義 ==
かつてこのカテゴリーは[[軽快車]]と呼ばれていたが、日本人のライフスタイルと嗜好の変化に応じてこの分野の製品の形態の変化多様化が進んだことで、軽快車という枠組みでは捉えきれなくなったために新たに与えられた名称である。[[日本工業規格]]JIS D 9111:2005(自転車 - 分類及び諸元)では、従来の「軽快車」に代えて「'''シティ車'''」として、「主に日常の交通手段及びレジャーに用いる短中距離、低中速走行用自転車」と定義されている。
 
軽快車とシティサイクルの間に明確な定義があるわけではなく、その境界は曖昧である。「シティサイクル」の名称は、自転車業界(輪界)で自然発生的に生まれ広まったものを業界団体・公的機関が追認する形となった。そのため、その指し示す範囲は業界においても厳密ではなく、特定のタイプを指して用いられる場合もあれば、[[ミニサイクル]]やコンパクト車、さらには[[ビーチクルーザー]]など広い範囲を指して用いられる場合もある。なにを指すかを明確にしておかなければ、誤解を招くおそれがあることに留意しなければならない。
22,851

回編集