「サッカー専用スタジアム」の版間の差分

編集の要約なし
m
[[ファイル:Rose_Bowl_Stadium_satellite_view.png|thumb|right|300px|[[ロサンゼルス]]の[[ローズボウル (競技場)|ローズボウル]]。[[1994 FIFAワールドカップ|1994年のFIFAワールドカップ]]の決勝戦を実施した他、MLS開幕から暫く[[ロサンゼルス・ギャラクシー]]がホームスタジアムとして用いた。アメリカンフットボールのフィールドしか用意されていないためそのままのフィールドサイズでこれらの試合用いられた。]]
'''サッカー専用スタジアム'''(サッカーせんようスタジアム、{{lang-en|Football-specific Stadium}})は[[アメリカ合衆国]]の[[サッカー]]選手であり、アメリカ合衆国のサッカークラブや[[アメリカンフットボール]]クラブチームのオーナーを務めた{{仮リンク|ラマー・ハント|en|Lamar Hunt}}により提唱された用語である。フットボールといえば[[アメリカンフットボール]]ないしは[[カナディアンフットボール]]のことを指す北米においてサッカー専用スタジアムとは、{{仮リンク|多目的スタジアム|en|Multi-purpose stadium}}の内、サッカーの試合を開催するために特化したスポーツ用の[[スタジアム]]を指す。よく似た用語に球技専用スタジアムというものもあるが、こちらはサッカーや[[ラグビー]]など[[球技]]全般の使用を想定して建設されたスタジアムを指す。敷地や日程の関係上[[ラクロス]]や[[アメリカンフットボール]]、[[ラグビー]]の試合や[[コンサート]]に使用されることもあるが、サッカー専用スタジアムは基本的にサッカーの試合専用に建設されたスタジアムである。また、アメリカ合衆国のいくつかの施設(例: [[トヨタパーク]]、[[FCダラス・スタジアム]]、[[コロンバス・クルー・スタジアム]])ではスタジアム端の部分にステージが常設されているようなサッカー専用スタジアムも存在する。
[[ファイル:Gillette_Stadium.jpg|thumb|right|300px|[[フォックスボロ (マサチューセッツ州)|フォッスボロ]]の[[ジレット・スタジアム]]。NFLの[[ニューイングランド・ペイトリオッツ]]とMLSの[[ニューイングランド・レボリューション]]が共に使用するスタジアムで白い線でアメリカンフットボールのフィールドが、黄色い線でサッカーのフィールドが規定されている。特サイドライン間で余裕をもって人工芝が植えこまれておりアメリカンフットボールのスタジアムとしてはサッカーのフィールドに非常に配慮したスタジアムとなっている。ただし収容人数が68,000人もあり、MLSではかなり過大である。]]
[[ファイル:Toyota_Park_panorama,_8_June_2013.jpg|thumb|right|300px|[[シカゴ・ファイアー]]のホームスタジアムでサッカー専用スタジアムある[[トヨタパーク]]。上記2施設と比べてスタンドがはるかに小さいことが分かる(収容人数20,000人)。ゴール裏にステージがあり、コンサートの開催も可能である]]
'''サッカー専用スタジアム'''(サッカーせんようスタジアム、{{lang-en-us|FootballSoccer-specific Stadium}})は[[アメリカ合衆国]]の[[サッカー]]選手であり、アメリカ合衆国のサッカークラブや[[アメリカンフットボール]]クラブチームのオーナーを務めた{{仮リンク|ラマー・ハント|en|Lamar Hunt}}により提唱された用語である。フットボールといえば[[アメリカンフットボール]]ないしは[[カナディアンフットボール]]のことを指す北米においてサッカー専用スタジアムとは、{{仮リンク|多目的スタジアム|en|Multi-purpose stadium}}の内、サッカーの試合を開催するために特化したスポーツ用の[[スタジアム]]を指す。よく似た用語に球技専用スタジアムというものもあるが、こちらはサッカーや[[ラグビー]]など[[球技]]全般の使用を想定して建設されたスタジアムを指す。敷地や日程の関係上[[ラクロス]]や[[アメリカンフットボール]]、[[ラグビー]]の試合や[[コンサート]]に使用されることもあるが、サッカー専用スタジアムは基本的にサッカーの試合専用に建設されたスタジアムである。また、アメリカ合衆国のいくつかの施設(例: [[トヨタパーク]]、[[FCダラス・スタジアム]]、[[コロンバス・クルー・スタジアム]])ではスタジアム端の部分にステージが常設されているようなサッカー専用スタジアムも存在する。
 
サッカー専用スタジアムは設備や規模の面においてサッカーの試合に適した規格に整備してあることが一般的であり、スコアボード、ビデオスクリーン、VIPルーム、観客席用の屋根などが設けられている。サッカーのピッチは[[国際サッカー連盟|FIFA]]が規定する大きさ、具体的にはゴールライン間100-110m、サイドライン間64-75m<ref>{{cite web|url=http://www.fifa.com/mm/document/affederation/generic/81/42/36/lawsofthegame%5f2010%5f11%5fe.pdf |title=Laws of the Game 2010/2011 |publisher=FIFA |format=PDF |page=7 |accessdate=2013-05-14}}</ref>の大きさに整備されている<ref>公式の[[サッカー競技規則]]では、成人が行う試合においてはゴールライン間90-120m、サイドライン間45-90mの大きさのピッチの使用を認めているものの、国際試合ではより厳しい規定が適用されるためプロサッカーの試合を開催するようなスタジアムでは国際試合を開催できる規模のスタジアムにすることが多い。</ref>。これは[[アメリカンフットボール]]の国際試合を行う際のフィールドの大きさよりもゴールライン間で約10m、サイドライン間では15から20m大きく、[[カナディアンフットボール]]のスタジアムと比較するとゴールライン間はほぼ同等、サイドライン間は10mほど大きい。また、[[キャパシティ|収容人数]]は一般的に試合を間近で見ることができるように少なく設定していることが多く、アメリカ合衆国国内最上位リーグの[[メジャーリーグサッカー]](MLS)では18,000~30,000人、[[北米サッカーリーグ (2011-)|北米サッカーリーグ]](2部)もしくは[[USLプロフェッショナルリーグ]](3部)では5,000人から15,000人の間に収容人数を設定している。MLS開始当初に各チームが使用を余儀なくされていたアメリカンフットボール専用スタジアムの収容人数は一般的に6~8万人であり、[[USLプレミアデベロップメントリーグ]](4部)のチームが使用する競技場の収容人数は1,000~5,000人である。アメリカ合衆国初のサッカー専用スタジアムは[[オハイオ州]]・[[コロンバス (オハイオ州)|コロンバス]]に本拠地を置く[[コロンバス・クルー]]の[[コロンバス・クルー・スタジアム]]であり、カナダ初のサッカー専用スタジアムは[[トロントFC]]が本拠地を置く[[オンタリオ州]]・[[トロント]]の[[BMOフィールド]]であった。
{{デフォルトソート:さつかあせんようすたしあむ}}
[[Category:競技場]]
[[Category:アメリカ合衆国のサッカー競技施設|*]]
[[Category:サッカーの用語]]
 
9,823

回編集