「デーン人」の版間の差分

編集の要約なし
'''デーン人'''({{lang-da|Daner}})は、[[デンマーク]]地方に居住していた[[ノルマン人]]の一派である。[[イングランド]]をはじめとしたヨーロッパ各地に進入し、大帝国を建設した。当初は[[ヴァイキング]]として[[海賊]]活動を主体として行なったが、後に[[キリスト教]]に改宗し、[[デンマーク王国]]としてデーン人を包括した統一国家を造り上げる。[[9世紀]]にイングランドに侵攻し、[[デーンロウ]]を築き上げた。
 
当初は[[ヴァイキング]]として[[海賊]]活動を主体として行なった。[[9世紀]]にイングランドに侵攻し、[[デーンロウ]]を築き上げた。[[10世紀]]に[[キリスト教]]に改宗し、[[デンマーク王国]]としてデーン人を包括した統一国家を造り上げる。
 
[[1013年]]、デンマーク王の[[スヴェン1世 (デンマーク王)|スヴェン王]]が[[イングランド王国|イングランド]]王になる。[[1016年]]、スヴェンの子[[クヌーズ1世 (デンマーク王)|カヌート大王]]がイングランド王に即位。後にデンマーク王、[[ノルウェー]]王にも即位し、[[北海帝国]]を築き上げた。カヌート大王の死後、帝国は崩壊、多くのデーン人は現在のデンマークに留まり、海外へ移住したデーン人は、その地の民族に[[同化]]していった。
6,908

回編集