「人工心臓」の版間の差分

 
従来の人工心臓は、[[拍動]]を再現することが必要だと考えられていたために複雑な構造が必要だったが、近年では簡単な構造の無拍動型の人工心臓が実績を上げつつあり、各国の研究チームが開発を競っている<ref>[http://wired.jp/2011/06/16/%E3%80%8C%E6%8B%8D%E5%8B%95%E3%81%97%E3%81%AA%E3%81%84%E4%BA%BA%E5%B7%A5%E5%BF%83%E8%87%93%E3%80%8D%E3%81%A7%E7%94%9F%E3%81%8D%E3%81%9F%E4%BA%BA/ 「拍動しない人工心臓」で生きた人]、[[WIRED (雑誌)|WIRED]]、[[2011年]][[6月16日]]</ref>。
 
小型の補助心臓を2つ使い、全置換型人工心臓とさせる技術もある。
体の大きい人には有利な全置換型人工心臓は複数あるが、体の小さい日本人や子供などには
合致しないケースも多く、小型化がすすめられている。
 
=== 補助人工心臓 ===
匿名利用者