「室蘭民報」の版間の差分

編集の要約なし
'''室蘭民報'''(むろらんみんぽう 通称:みろみん)は、[[北海道]]の[[室蘭市]]に本社を置き、[[胆振支庁]]と[[日高支庁]]管内を対象地域とした日刊[[新聞]]。[[1945年]][[12月8日]] 北海道内のローカル紙のトップを切って創刊
 
東京の共同通信社から専用線(ATM回線)にて全国記事配信を受けている。
 [[1902年]]創刊の「室蘭時報」がルーツ。[[1941年]]には政府の一県一紙政策により、室蘭タイムスと合併、「室蘭日報」に。翌年、北海道内の新聞社は統合され、北海道新聞となり、室蘭支社となった。
論調は地元紙としての位置づけのため、時には「回覧板か」と錯覚するほど、地域の小さいニュースを掘り下げて報道している。特に右寄り左寄り報道という事は少ない。
 
時にして、地元のスクープ記事が報じられる事もよくあるが、用語・用例の間違いも見られる。
 戦後、地元経済団体らを中心に地元紙復活の機運が高まり、[[1945年]]12月8日北海道内のローカル紙のトップを切って創刊。 [[1956年]]、朝刊に加え夕刊を発行。現在、朝夕刊セット発行は県庁所在地以外に本社を置く新聞社としては、全国でも室蘭民報だけとなっている。
夕刊掲載のむろみんトークは地域住民の意見(批判・苦情)が多く、官公庁(市役所)などの行政に対するものから、地域企業や学校生活など話題は多岐にわたる。
 
忌中広告は亡くなった方の顔写真付で掲載される。
 発行部数は朝刊60300部、夕刊52630部(自社サイト)。室蘭市内と登別市内に限り[[北海道新聞]]の購読者数を越えている。エリア内には[[苫小牧民報]]があるが、一切資本関係はない。
パチンコ店の新聞広告が目立つ。
 
また4月以降は地元の小学生のクラス集合写真が掲載される。
 
またウェブサイトは他社と比較して分量とも少なく、新聞記事の紹介程度である。
== 沿革 ==
*[[1945年]] [[12月8日]]創刊。
*[[1956年]] [[8月]] 朝刊 ・夕刊のセット発行することになる
 
==本社・支社==
==会社概要==
*創立 昭和20年12月8日
*代表取締役社長 [[一戸豊信]]
*資本金 7998万円(平成16年度12月現在)
*従業員数 130人
*主な株主 
*印刷所 室蘭本社内
 
==関連リンク==
*[http://www.muromin.mnw.jp/ 室蘭民報公式ホームページ]
*[http://www.kyodo.co.jp 共同通信社]
 
[[category:日本の新聞|むろらんみんほう]]
匿名利用者