「日本医療機能評価機構」の版間の差分

編集の要約なし
 
しかしながら財団の事業開始から13年を経た[[2008年]]([[平成]]20年)の時点で審査・認定を受けているのは2,530病院であり<ref>[[2008年]]([[平成]]20年)[[8月25日]]現在</ref>、全国の病院の約28%に留まる。その後も日本医療機能評価機構の認定を受ける病院の数は伸び悩み、新たに審査を受ける病院が減少する一方で、認定の更新を見合わせる病院も増加している<ref name="nikkei">「曲がり角の病院機能評価 手間、費用の割にメリット少なく非更新の病院も」 『日経メディカル』(日経BP社) 2010年9月号
</ref>。この背景として、財団の審査・認定を受けることが直接病院の増収にはつながらないこと、また、受審のための作業負担が過大であることなどが指摘されている<ref name="nikkei"/>。これらについては財団自身、「検討を要する課題・問題がいまだ山積しており、本事業の定着には容易ならぬものがある」<ref name="ihara">[http://jcqhc.or.jp/html/introduction.htm#data 理事長挨拶] 医療機能評価機構ウェブサイト、平成23年3月20日閲覧</ref>と率直に認めているのが現状である。
 
== 事業内容 ==
== 問題点 ==
{{独自研究|date=2010年6月}}
今までは、機能評価を取るためには病院の一部の人が取り組めば認定を受けることができたのが現状であった。今回の改定により認定機関の削減と中間年の審査、審査項目の簡略化が行われ[[ISO9001]]のシステムに追従したように見える。
実際、機能評価取得を支援するコンサルタント会社も多く存在し、金を払えば取得できるといった弊害を減らそうという考えと受け取れる。
 
匿名利用者