「パンク・ファッション」の版間の差分

パンクス達→パンクス、他。
(パンクス達→パンクス、他。)
また、リバイバル以降のパンク・ファッションでは[[髑髏]](スカル)がモチーフとして使用される事がある。髑髏は古くから「メメント・モリ(死を想え)」など「[[死]]」のシンボルとして知られている。だが、パンク・ファッションでは「死」よりも、髑髏は「[[反戦]]」のシンボルとしての使われ方をされる場合が多い。そして、どちらかといえば哲学的に取り扱われる事よりも諧謔的なブラック・ジョークとしての、冷笑的な使われ方をされがちである。
 
70年代にヴィヴィアン・ウエストウッドのブランド「セディショナリーズ」が[[ナチス]]のシンボルである[[ハーケンクロイツ]]を取り入れたシャツ、Tシャツを売り始めたのをきっかけに、欧米のパンクスの間でハーケンクロイツをファッションに取り入れる者が現れた。しかし[[ファシズム]]や[[ナチズム]]の称賛が禁止されている欧米ではのちにこの事が問題になり、一般人の中にはパンクファッションの若者とネオナチとを同一視する者が現れ、中にはその偏見を持ったままパンクファッションを始めたネオナチの若者も現れた。しかし[[1981年]]にアメリカのパンクバンド[[デッド・ケネディーズ]]が「Nazi Punks Fuck Off!」という曲をリリースしたのをきっかけに、多くのパンクスの間でナチのシンボルを取り入れるのはパンク的ではないと思うようになり、ハーケンクロイツをファッションに取り入れるのをやめ始めるようになっ(しかしこの曲は反ナチや反ファシズムを謳っているわけではなく当時の体育会系ハードコア・パンクスをナチや軍隊のようだと揶揄した曲であるしかし軍国主義を風刺するといった点は同一である)さらにそのムーブメントを作ったセディショナリーズはハーケンクロイツを取り入れたファッションを販売するのをやめたので、現在欧米ではハーケンクロイツを取り入れたパンクファッションは販売されていない(しかしファシズムやナチズムの称賛が禁止されていない日本では、未だにハーケンクロイツがついているセディショナリーズのTシャツが売られている)。
 
== 日本のパンク・ファッション ==
 
== 厳密に区別されないファッション ==
日本では、同じサブカルチャーとして扱われることが多く、上述の『[[NANA]]』や、[[KERA|サブカル系の雑誌]]などで一緒に取り扱われることの多かった[[ゴシック・アンド・ロリータ|ゴスロリ]]・ファッションとの関連性が近年強くなっている。そのため、本来全くの別物であるはずの亜流的なカテゴリーが生まれている。しかし、一般的な知名度は低くと一括りにされてしまうのが現状である。それらは「'''ゴスパン'''」「'''ロリパン'''」などと呼ばれ、それらのデザインは「パンク・ファッション」の方が類似点が多い。
 
== 関連項目 ==