「航空会社コード」の版間の差分

m
(冗長なリストを排除。少し並び替え)
タグ: サイズの大幅な増減
IATA航空会社コードの2レターコードは[[国際航空運送協会]] (IATA) により定められており、世界各地の航空会社に割り当てられている。主に[[航空券]](特に国際線)や[[旅行代理店]]でのデータ処理など、旅行業関連の商用ベースで使用されている。
 
コードの2文字は自由に付与することができるが、基本的に先願主義(早い者勝ち)なので、早く申請した航空会社には、会社の略称にちなんだコードが割り当てられていたことが多かった。また、新興航空会社などだと、アルファベットだけでは足りないため、数字が入ったコードを使っているところも多い。例:[[ダリアビア航空]]=H8、[[ユナイテッド・パーセル・サービス]]=5Xなど。加えて、同じコードを、異なる地域の複数の航空会社に割り当てる場合もある。例えば、かつて日本に存在していた[[ハーレクインエア]]に当てられていたJHは、同時期に[[ブラジル]]に存在していた{{仮リンク|ノルデステ航空|en|Nordeste_Linhas_Aéreas_Regionais}}にも与えられていた(現在、JHは[[フジドリームエアラインズ]]に割り当てられている)。2レターコードが変更された例は[[ニュージーランド航空]](TE→NZ)、[[スカイネットアジア航空]](6J→LQ)(6J→LQ→6J)などがある。<!--スカイネットアジア航空の2レターコードが変更された理由はIATAに契約更新料金を払わなかったためである。{{要出典|date=2012年5月}}-->
 
== ICAO航空会社コード(3レターコード) ==
1,904

回編集