「ウェイター」の版間の差分

m
曖昧さ回避ページへのリンクを付け替え(西欧西ヨーロッパ
m (曖昧さ回避ページへのリンクを付け替え(西欧西ヨーロッパ))
 
== 名前の由来・歴史 ==
英語のwait(待つ)から来ている。店内各所で待ち構えて迅速に接客を行なう姿から「待つ人」として呼ばれている。定説では、17世紀に[[コーヒー・ハウス]]が大流行した[[イギリス]]や[[フランス]]などの[[西ヨーロッパ|西欧]]で発生した。
 
日本では[[大正]]時代に都市で[[喫茶店]]とともに増加し、そのころは給仕、'''女給'''と呼ばれていた。また、[[昭和]]の頃には一部で[[レストラン]]のウェイターをボーイと呼び、バーなど酒場の店員をウェイターと、独特の使い分けがされたこともある。