「片岡仁左衛門 (11代目)」の版間の差分

編集の要約なし
その後は東京に腰を据えて、歌舞伎座の座頭となり、[[中村歌右衛門 (5代目)|五代目中村歌右衛門]]、[[市村羽左衛門 (15代目)|十五代目市村羽左衛門]]とともに「[[三衛門]]」と謳われ、「[[團菊左]]」亡き後の東京歌舞伎を支えた。
 
十一代目の上京は、当時「五代目中村歌右衛門」の名跡を巡って大阪の[[中村鴈治郎 (初代)|初代中村鴈治郎]]と東京の[[中村歌右衛門 (5代目)|代目中村芝翫]]との間に争いが起こり、仁左衛門は芝翫を支持したために、関西では飛ぶ鳥を落とすほどの人気を誇った鴈治郎の支持者に囲まれて日々が日増しに居辛くなったからだといわれている。
 
大正元年(1912年)には<!--55歳。-->長男の[[片岡仁左衛門 (13代目)|片岡千代之助]]のためにもなるからと、私財を投じて片岡少年俳優養成所を設立。後継者を育成し、若手俳優への芸の伝承にも尽くした。 
277

回編集