「刑務官」の版間の差分

編集の要約なし
m (→‎外部リンク: 外部リンク追加)
{{Law}}
'''刑務官'''(けいむかん)は、法務省[[矯正局]]の[[国家公務員]]であって、[[一般職の職員の給与に関する法律]](昭和25年法律第95号)別表第4イ[[公安職]]俸給表(一)の適用を受ける[[法務省|法務]][[事務官]]で、[[法務大臣]]が[[刑事施設]]の職員のうちから刑務官として指定したもの([[刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律]]13条及び[[刑事施設及び被収容者の処遇に関する規則]]7条)をいう。被収容者の処遇に関する種々の所掌事務を取り扱う。
 
== 刑務官の階級 ==
刑務官の[[階級 (公務員)|階級]]は、[[刑事施設及び被収容者の処遇に関する規則]]第8条において矯正監を最高位とする7階級が定められている。所長には矯正監又は矯正長が充てられる。「主任看守」は正式な階級ではなく、[[日本の警察官|警察官]]の階級における[[巡査長]]に相当する一種の名誉階級で、看守部長に昇任していないベテランの看守が任じられるかつては同様に「看守部長」の上に「主任看守部長」が存在したが、現在は事実上廃止されている<ref>昭和59年制定の[[制服]]の服制の図には主任看守部長の[[階級章]]があるが、平成11年制定の警備服の服制の図には主任看守部長の階級章は無い</ref>
 
{| class="wikitable"
 
=== 刑務官の制服及び階級章 ===
刑務官の[[制服]]及び[[階級章]]の形式は「刑務官の服制及び服装に関する規則」<ref>昭和59年3月21日 矯保訓第539号 法務大臣訓令</ref>で定められている。
 
また、警備服と称される警備出動または警備訓練の際に着用することを主目的とした被服の形式は「刑務官の警備服の製式制定について(依命通達)」<ref>平成11年7月22日付け 矯保第2264号 矯正局長依命通達</ref>で定められている。
 
== 専門官制度 ==
刑務官採用試験は[[高校]]卒業程度の難易度とされる。
 
::;給与・諸手当<ref> [http://www.moj.go.jp/KYOUSEI/kyouse13.html 法務省 刑務官採用試験]より</ref>
;給与・諸手当
: 刑務官には、一般の国家公務員に適用される行政職俸給表(一)に比べて12%程度給与水準の高い公安職俸給表(一)()<ref>平成18年度現在東京都特別区内に勤務する場合の初任給の例は、180,348円。</ref>が適用される。このほかに、各種手当(扶養手当、住居手当、通勤手当、期末・勤勉手当、超過勤務手当等)が支給される。
;勤務時間・休暇
: 1週当たりの勤務時間は、40時間(週休2日制)であり、1日8時間の勤務を行う場合と、交替制勤務を行う場合がある。休暇制度としては、年次休暇(年間20日間)の外に病気休暇、特別休暇(夏季休暇、結婚・出産に伴う休暇等)、および介護休暇等の制度が設けられている。
 
なお、[[国家公務員試験]]総合職合格の[[キャリア (国家公務員)|キャリア組]]が刑務官に任官した場合は副看守長、同試験一般職合格の[[準キャリア|準キャリア組]]が刑務官に任官した場合は看守部長の階級からスタート開始する<ref>これはキャリア組・準キャリア組が[[警察庁]]の[[日本の警察官|警察官]]に任官した場合、それぞれ[[警部補]]・[[巡査部長]]の階級からスタート開始するのに対応した制度であと類似す。</ref>
:: [http://www.moj.go.jp/KYOUSEI/kyouse13.html 法務省 刑務官採用試験]より
 
なお、[[国家公務員試験]]総合職合格の[[キャリア (国家公務員)|キャリア組]]が刑務官に任官した場合は副看守長、同試験一般職合格の[[準キャリア|準キャリア組]]が刑務官に任官した場合は看守部長の階級からスタートする。これはキャリア組・準キャリア組が[[警察庁]]の[[日本の警察官|警察官]]に任官した場合、それぞれ[[警部補]]・[[巡査部長]]の階級からスタートするのに対応した制度である。
 
== 労働基本権 ==
2002年の[[名古屋刑務所]]での事件を皮切りに、刑務官による受刑者への暴力や虐待、不正行為が次々と明らかになっており、問題になっている。同様の問題は、日本国外でも見られる。また、逆に受刑者側が刑務官に暴行を加える事例も発生している。
 
元刑務官の[[坂本敏夫]]は、生まれた所から塀の際で育ちもずっと官舎であり、小学生時代は東京拘置所の官舎に住んでいることを友人に中々いえなかった、本当は教師になりたかったのだが、父が亡くなったので一家を支えるために刑務官になったと述べている<ref>『死刑』 217-218頁。</ref>。また、坂本は、1965年ころから、一般の工場で受刑者が働く構外作業の廃止など責任回避のため事故を起こさないことに刑務官の意識が変わっていき、犯罪者の矯正や更生援助の意識が消えていったと指摘している<ref>『死刑』 218頁。</ref>。
 
また、坂本は、1965年ころから、一般の工場で受刑者が働く構外作業の廃止など責任回避のため事故を起こさないことに刑務官の意識が変わっていき、犯罪者の矯正や更生援助の意識が消えていったと指摘している<ref>『死刑』 218頁。</ref>。
 
=== 心理的な要因 ===
2,778

回編集