「行旅死亡人」の版間の差分

編集の要約なし
'''行旅死亡人'''(こうりょしぼうにん)とは、本人の氏名または[[本籍地]]・[[住所]]などが判明せず、かつ遺体の引き取り手が存在しない[[死者]]を指すもので、行き倒れている人の身分を表す法律上の呼称でもある。「行旅」とあるが、その定義から必ずしも旅行中の死者であるとは限らない。なお、「行'''路'''死亡人」というの呼称としてっている
 
== 概要==
行旅死亡人は該当する法律である[[行旅病人及行旅死亡人取扱法]]により、死亡推定日時や発見された場所、所持品や外見などの特徴などが[[市町村長]]名義にて、詳細に[[官報]]に公告して掲載される。
 
行旅死亡人となると地方自治体が遺体を[[火葬]]し遺骨として保存、官報の公告で引き取り手を待つ事となる。行旅死亡人の取扱いに係る費用は、以下に示す順で支払われる。
 
なお、本人の身元が判明した場合でも、「死体の埋葬又は火葬を行う者がないとき又は判明しないとき」は、墓地埋葬法第9条に基づき、行旅死亡人と同様に地方自治体の取り扱いとなる。
 
 
== 法律の下での身分 ==
* [[ホームレス]]
* [[行旅病人及行旅死亡人取扱法]]
* [[九州南西海域工作船事件]] - 北朝鮮工作員と見られる者が、行旅死亡人とされた
* [[投げ込み寺]]
* [[星守る犬]] - 病を得た後に職と家族と家を失い、旅先の見知らぬ地で行旅死亡人となってしまった男性と、その死亡後の処理を担当したケースワーカーを描いた漫画作品
* [[セーヌ川の身元不明少女]]
 
2,778

回編集