「女形」の版間の差分

m
通説によれば、[[1629年]](寛永6年)に江戸幕府が歌舞伎などに女性を使うことを禁じたために、その代わりとして歌舞伎の世界に登場したとされ、江戸では糸縷権三郎、大坂では村山左近がその祖であったと伝えられている。江戸時代の女方は芸道修業のため、常に女装の姿で女性のような日常生活を送るものとされていた<ref>戸部銀作「女方」『国史大辞典』第2巻、吉川弘文館、1980年、P984</ref>。
 
なお、[[中国]]の[[京劇]]においても女形(「旦」と言う)が存在したが、現在ではその役を[[俳優|女優]]が行っている。
 
== 歌舞伎の女形 ==