「県立大島病院」の版間の差分

出典を追加し、それに合わせた記述へ修正。
(出典を追加し、それに合わせた記述へ修正。)
|特記事項=
}}
'''県立大島病院'''(けんりつおおしまびょういん)は[[鹿児島県]][[奄美市]]名瀬真名津町にある[[公立|県立]]の[[病院]]<ref name="mainichi-np-2014-6-10">神田和明(2014年6月10日). “救命救急センター:離島の救命率向上へ 県立大島病院で開所”. [[毎日新聞]] (毎日新聞社)</ref>。
'''県立大島病院'''(けんりつおおしまびょういん)<ref>後掲の公式サイトでは「鹿児島県立大島病院」としているが、鹿児島県立病院事業の設置等に関する条例第3条第2項及び[http://iryo-info.pref.kagoshima.jp/qqport/ かごしま医療情報ネット]における医療法上の届出名称(2010年4月13日更新)は「県立大島病院」である。また、[http://www.pref.kagoshima.jp/kenko-fukushi/kenko-iryo/gaiyo/hokeniryoukeikaku.html 鹿児島県保健医療計画]の記載においても鹿児島を冠することなく、「県立大島病院」と記載している。</ref>は[[鹿児島県]][[奄美市]]名瀬真名津町にある[[公立|県立]]の[[病院]]。鹿児島県立病院事業の設置等に関する条例(昭和39年3月30日条例第45号)により設置される。奄美市と[[大島郡 (鹿児島県)|大島郡]]で構成される奄美保健医療圏の[[災害拠点病院]]であるほか、[[2007年]][[8月31日]]に[[地域医療支援病院]]の承認を受けており、[[エイズ治療拠点病院]]など各種の機能を有する。病院の理念は、「公立病院として,奄美の医療に貢献し,住民に信頼される病院を目指します。」
 
鹿児島県立病院事業の設置等に関する条例(昭和39年3月30日条例第45号)により設置される。
 
奄美市と[[大島郡 (鹿児島県)|大島郡]]で構成される奄美保健医療圏の[[災害拠点病院]]であるほか、[[2007年]][[8月31日]]に[[地域医療支援病院]]の承認を受けており、[[エイズ治療拠点病院]]など各種の機能を有する。
 
屋上ヘリポートや集中治療室などを整備し、[[2014年]]([[平成]]26年)6月9日に日本国内の離島では初となる「[[救命救急センター]]」が設置された<ref name="mainichi-np-2014-6-10" />。
 
== 診察科 ==
* 小児慢性特定疾患治療研究事業委託医療機関
* 地域周産期母子医療センター
 
== ドクターヘリ ==
2013年までに[[救命救急センター]]を設置して、ドクターヘリを運航することを目指している。
 
== 建造物 ==
 
== 交通アクセス ==
7,551

回編集