「Small Computer System Interface」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
一般向けでもSCSIのハードディスクが多用されていた時代には<!--一般向け製品・販売がなくなったわけではない-->、ドライブユニットはIDEと同じで、制御基板のみ差し替えていた製品が多くを占めていたが、近年のSCSIハードディスクは、サーバでの使用が前提となっているため、専用設計となり、小口径プラッタ採用によるシーク速度性能の向上や、信頼性確保の為、IDEハードディスクとは文字通り桁違いの[[Mean Time To Failure|平均故障時間]]を実現している。
 
また、IPネットワーク技術の進展にともない、SCSI機器をIPネットワーク経由で接続するための [[iSCSI]]という規格が[[Internet Engineering Task Force|IETF]] ({{Lang|en|Internet Engineering Task Force}}) において標準化されている。従来の[[ストレージエリアネットワーク]] (SAN) ではファイバチャネルが使われることが多かったが、コストが高くなりがちである、[[ファイバチャネル]]に精通した技術者が少ない、などの問題点があった。これに対し、IPネットワーク機器は広く普及しており、IP ネットワーク技術に関連した技術者も多いことから、iSCSIをベースとしたSANに対する注目が高まっている。
 
== 読み方 ==