「府県郷社明治神社誌料」の版間の差分

編集の要約なし
m編集の要約なし
編集の要約なし
『'''府県郷社明治神社誌料'''』(ふけんごうしゃめいじじんじゃしりょう)は[[書物]]。[[明治]]45年([[大正]]元年、[[1912年]])刊<!--奥付のママ-->、全3巻。『'''明治神社誌料'''』とも略称される。
 
明治末期時点での[[日本]]全国に鎮座する[[神社]]の中、[[府県社]]583社、[[氏子調#行政単位と郷社|郷社]]3,455社に関する誌料を蒐集したもので、各道府県毎に冒頭に「土地民族の発展と神社の振興とは関係する所大な」る理由から上代を主とした編纂当時迄の該道府県の梗概を記す「歴史地理」の節を設け、以下管内神社を府県社、郷社の順でそれぞれ所在地、社名、祭神、由緒等や各末尾に例祭日、[[会計法]]適用指定年月日、[[神饌幣帛料供進神社|神饌幣帛料供進指定]]年月日、[[氏子]]戸数と崇敬者員数を掲げる。
 
凡例に拠れば、明治12年(1879年)6月に達せられた[[内務省 (日本)|内務省]]乙第31号[[達]]によって調製された各神社の[[神社明細帳|明細帳]]を基としたが、それ以外にも各神社の社伝、社記録等に直接拠った記述を為し、とりわけ由緒に関しては「正確を得むが為に」考証を付し、それが「断定を下し難き」場合には数説を掲げて後考を期するという編纂方針を採ったというが、その為に由緒では逸書や珍書である縁起類も多く引載された貴重な文献となり、総じて明治39年(1906年)の勅令に端を発した[[神社整理]]という名の大合併が一段落した明治末期における主要神社の状況を知り得る格好の資料とされる<ref>梅田義彦『明治神社誌料(下巻)』跋。</ref>。
3,356

回編集