「ゼロ・グラヴィティ」の版間の差分

(改名の提案)
 
このように映像作品におけるそれと、ライブのステージ上におけるそれは、厳密にはその仕組み・仕掛けが異なっている。また、時系列的には、映像におけるダンスパフォーマンスをライブのステージ上で再現するために考え出されたのが、技術としてのゼロ・グラヴィティである。
 
原語の英語では、"anti-gravity lean"(アンチグラビティ・リーン [[反重力]]傾斜)と呼ばれるが、日本語では「ゼロ・グラヴィティ」(zero gravity [[無重力]])という呼称がレコード会社やファンの間で用いられている。
 
== 仕組み ==
14

回編集