「叙事詩環」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
m
{{Greek mythology}}
'''叙事詩環'''(じょじしかん、{{lang-el|Επικός Κύκλος}} エピコス・キュクロス、{{lang-en|Epic Cycle}})とは、[[古代ギリシア]]で作られた、[[トロイア戦争]]に関する[[叙事詩]][[サイクル (文学)|サイクル]](一群)のことである<!--「環」は、「完結」というような意味で言われているようである-->。'''叙事詩の環'''、'''叙事詩圏'''とも。叙事詩環に含まれる叙事詩を並べると、トロイア戦争についての記述が完結する。[[ホメーロス]]の叙事詩(厳密にはホメーロス作と言われる叙事詩)『[[イーリアス]]』と『[[オデュッセイア]]』も入れる研究家もあるが、ホメーロス以外の詩に対して用いられる場合がより多い。
 
594

回編集