「漢訳」の版間の差分

編集の要約なし
 
'''漢訳'''は、[[漢文]]または[[漢字]]に[[翻訳]]すること。
 
==明治以後の日本==
[[明治維新]]で[[日本]]が[[西洋文明]]の消化・吸収に成功した要因は多々ある。
しかし、[[用語]]を漢訳して外来の[[概念]]の理解を容易ならしめたことは、特筆されるべきことである。
([[渡部昇一]]氏などの説による。)
 
==戦後の情報技術==
[[第二次世界大戦]]後、とくに[[情報技術]]分野における[[英語]]の圧倒的な優位性と、流入の速さはその漢訳語が定着しないままに次の技術が現れるため、
比較参照すべき独訳や仏訳も定着しないこともあり、
英語の音訳で済ませ、日本語として消化不良を起こさせている。
それも原因となり、情報技術の一般への浸透は、英語圏に比べて遅れをとっている。
208

回編集