「Transmission Control Protocol」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
広帯域ネットワークをより効率的に使うには、TCPウィンドウのサイズを大きくする必要がある。TCPヘッダのウィンドウサイズのフィールドは16ビットで、2バイトから65,535バイトまでしか設定できない。
 
ウィンドウサイズ・フィールドは拡張できないので、[[{{仮リンク|スケールファクタ (計算機科学)|label=スケールファクタ]]|en|Scale factor (computer science)}}が導入されている。RFC 1323 で定義されているウィンドウスケール・オプションを使えば、最大ウィンドウサイズを 65,535 バイトから 1 ギガバイトに拡張できる。ウィンドウサイズのスケールアップはTCPのチューニング ([[:en:TCP Tuning|en]]) に必須の要素である。
 
ウィンドウスケール・オプションは3ウェイ・ハンドシェイクの際にしか使われない。ウィンドウスケール・オプションのオプション値は、16ビットのウィンドウサイズ・フィールドの値を左にシフトするビット数を表している。ウィンドウスケールの値は0(シフトしない)から14まで指定でき、通信の双方向で別々に設定できる。どちらの方向もSYNセグメントのオプションとして通知する。