「クオリア」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
== 概要 ==
[[画像:Qualia_of_sound.jpg|thumb|350px|笛から発せられた空気振動([[]])が、笛の音のクオリア「ピー」を発生させるまでの流れ(左端:笛、青:音波、赤:鼓膜、黄:蝸牛、緑:有毛細胞、紫:[[周波数スペクトル]]、橙:神経細胞の興奮、右端:笛の音のクオリア)。]]
 
簡単に言えば、クオリアとは「'''感じ'''」のことである。「イチゴのあの赤い感じ」、「空のあの青々とした感じ」、「二日酔いで頭がズキズキ痛むあの感じ」、「面白い映画を見ている時のワクワクするあの感じ」といった、主観的に体験される様々な質のことである。
 
外部からの刺激([[情報]])を[[]][[感覚器]]が捕え、それが[[神経細胞]][[活動電位]]として[[]]に伝達される。すると何らかの質感が経験される<ref>ここは議論を大きく簡略化している。何が知覚される、または体験される情報となるかは、刺激の強度や持続時間、また[[注意]]の状態に大きく影響を受ける。こうしたテーマは現在も実証的な研究のテーマとなり続けているが、当項目の問題を考える限りでは、一次的には簡略化して無視できる。</ref>。例えば[[波長]]の長さが700[[ナノメートル]][[]](視覚刺激)を目を通じて脳が受け取ったとき、あなたは「赤さ」を感じる。このあなたが感じる「赤さ」がクオリアの一種である。
 
人が痛みを感じるとき、[[]][[ニューラルネットワーク|ニューロンネットワーク]]神経細胞網を走るのは、「痛みの感触そのもの」ではなく電気信号である([[活動電位]])。脳が特定の状態になると痛みを感じるという対応関係があるだろうものの<ref>皮膚をつねると痛みを感じることは分かっているが、具体的に脳のどの部位がどのような形で痛みの知覚と関わっているかは、まだ研究中の段階である。</ref>、痛みは電気信号や脳の状態とは別のものである。クオリアとは、ここで「痛みの感覚それ自体」にあたるものである。
 
クオリアは身近な概念でありながら、科学的にはうまく扱えるかどうかがはっきりしていない。この問題は[[説明のギャップ]]、「クオリア問題」または「[[意識のハードプロブレム]]」<ref name="Hard">[[デイヴィッド・チャーマーズ]]が[[ハード・プロブレム]]について論じた二本の論文。<small>「{{lang|en|Facing Up to&hellip;}}」に対して寄せられた様々な批判に答える形で出されたのが「{{lang|en|Moving Forward on&hellip;}}」</small>
*{{lang|en|Chalmers, David J.}} (1995年) 「{{lang|en|Facing Up to the Problem of Consciousness}}」、{{lang|en|Journal of Consciousness Studies}}誌 2(3): 200-219ページ、 [http://consc.net/papers/facing.pdf PDF]
*{{lang|en|Chalmers, David J.}} (1997年). 「{{lang|en|Moving Forward on the Problem of Consciousness}}」、{{lang|en|Journal of Consciousness Studies}}誌 4, 3-46ページ、[http://consc.net/papers/moving.html PDF]</ref>などと呼ばれている。現在のところ、クオリアとはどういうものなのか、科学的な「[[物質]]」とどういう関係にあるのかという基本的な点に関して、研究者らによる定説はない。現在のクオリアに関する議論は、この「クオリア問題」または「意識のハードプロブレム」を何らかの形で解決しよう、または解決できないにしても何らかの合意点ぐらいは見出そう、という方向で行われており、「これは[[擬似問題]]にすぎないのではないか」という立場から「クオリアの振る舞いを記述する新しい自然法則が存在するのではないか」という立場まで、様々な考え方が提出されている。
 
現在こうした議論は、[[哲学]]の側では[[心の哲学]]([[心身問題]]や[[自由意志]]の問題などを扱う哲学の一分科)を中心に、古来からの哲学的テーマである[[心身問題]]を議論する際に中心的な役割を果たす概念として、展開・議論されている。
 
また科学の側では、[[神経科学]]、[[認知科学]]といった[[人間]]の心を扱う分野を中心にクオリアの問題が議論されている。ただし科学分野では形而上学的な議論を避けるために、[[意識]]や[[気づき]]の研究として扱われている。
 
== 歴史 ==