「クオリア」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
== 歴史 ==
クオリアという言葉は、「質」を意味する[[ラテン語]]の名詞 {{lang|la|''qualitas''}} (あるいは {{lang|la|''qualis''}}) に由来する。この言葉自体の歴史は古く、[[4世紀]]に執筆された[[アウグスティヌス]]の著作「神の国」にも登場する。しかし現代的な意味でこのクオリアという言葉が使われ出すのは、[[20世紀]]に入ってからのことである。
 
まず[[1929年]][[アメリカ合衆国]]の[[哲学者]][[クラレンス・アーヴィング・ルイス]]が著作『精神と世界の秩序』<ref>{{lang|en|Lewis. C. I. (1929), ''Mind and the World-order: an Outline of a Theory of Knowledge'', Chrls Scribner's Sons.}}<br/> 復刻版 {{lang|en|Lewis, C.I.}} 「{{lang|en|Mind and the World-Order: Outline of a Theory of Knowledge}}」{{lang|en|Dover Pubns}} 1991年 ISBN 0486265641</ref>において現在の意味とほぼ同じ形でクオリアという言葉を使用した。
 
{{Quotation|与件(the given)の識別可能な質的特徴というものがたしかに存在する。それは異なる諸経験において復現(リピート)し、それゆえ、[[普遍者]]の一種である。それを私は「クオリア」と呼ぶ。そうしたクオリアは、この経験においてそしてあの経験において何度も認識されるという意味で普遍者ではあるのだが、しかし物体の性質とは区別する必要がある。 … クオリアは直接に経験され、与えられる。そして、いかなる誤りの可能性ももたない。というのもそれは純粋に主観的だからである。他方、物体の性質は客観的である。すなわち物体に性質を帰属させることは、誤りのある一つの判断である。物体を述定することで主張されるのは、ある単一の経験の中で与えられうるものを超越した事柄なのである。|ルイス『精神と世界の秩序』(1929年)<ref>Lewis. C. I. (1929), p.121.</ref><ref>柏端達也 訳 『感情とクオリアの謎』「第八章 痛みの志向性とその現象的側面についてすこし」 p.174 より ISBN 978-4-8122-0808-3</ref>}}
 
その後、[[1950年代]]から[[1960年代]]にかけて、ルイスの教え子であるアメリカの哲学者[[ネルソン・グッドマン]]らによってこの言葉が広められた<ref>[[ネルソン・グッドマン]] 「{{lang|en|The Structure of Appearance}}」 初版:{{lang|en|Harvard UP}}、1951年。第2版:{{lang|en|Indianapolis: Bobbs-Merrill}}
1966年。第3版:{{lang|en|Boston: Reidel}}、1977年.</ref>。
 
[[1974年]]、主観性の問題に関する有名な論文が現れる。アメリカの哲学者[[トマス・ネーゲル]]が提示した「[[コウモリであるとはどのようなことか]]」という[[思考実験]]において<ref name="bat_en"/><ref name="bat_ja"/>、物理主義は意識的な体験の具体的な表れについて、完全に論じ切れていない、という主張が強く訴えられた。[[1982年]]にはオーストラリアの哲学者[[フランク・ジャクソン]]が、[[マリーの部屋]]という思考実験を提唱し、普通の科学的知識の中にはクオリアの問題は還元しきれないのではないか、という疑念が提唱された<ref>[[フランク・ジャクソン]] (1982年) 「{{lang|en|Epiphenomenal Qualia}}」, {{lang|en|''Philosophical Quarterly''}}誌, vol. 32, 127-36ページ. [http://members.aol.com/NeoNoetics/Mary.html オンライン・テキスト]</ref>。また1983年にはアメリカの哲学者ジョセフ・レヴァインが、脳についての神経科学的な説明と、私たちの持つ主観的な意識的体験の間には、ギャップがある、という[[説明のギャップ]]の議論を展開する。こうしたネーゲル、ジャクソンの論文が登場しはじめた[[1970年代]]後半あたりから、徐々に科学や物理学との関連の中でクオリアの議論が展開されることが多くなった。
 
こうした流れの中で最も強い反響を得たのは、オーストラリアの哲学者[[デイヴィッド・チャーマーズ]]の主張である。[[1995年]]から[[1997年]]にかけてチャーマーズは一連の著作<ref name="Hard"/><ref> [[デイビッド・チャーマーズ]](著)、[[林一]](訳)『意識する心-脳と精神の根本理論を求めて』白揚社 (2001年) ISBN 4-8269-0106-2(翻訳元 「{{lang|en|The Conscious Mind: In Search of a Fundamental Theory}}」(1996年). {{lang|en|Oxford University Press}}。ハードカバー版:ISBN 0-19-511789-1、文庫本版:ISBN 0-19-510553-2</ref>を通じて、現在の物理学とクオリアとの関係について、[[ハードプロブレム]]、[[哲学的ゾンビ]]といった言葉を用いて非常に強い立場での議論を展開する。今までの哲学者の議論がどちらかというと控えめな形での[[物理主義]]批判であったのに対し、チャーマーズは「クオリアは自然界の基本的な要素の一つであり、クオリアを現在の物理学の中に還元することは不可能である。意識の問題を解決するにはクオリアに関する新しい[[自然法則]]の探求が必要である。」という強い立場を前面に押し出す。このチャーマーズの立場は[[岩石]][[サーモスタット]]にさえ意識体験があるとする[[汎心論]]を含むほど強い立場であり、古典的なデカルト的[[実体二元論]]の復活だ、といった誤解による批判も含めて強い反論があった。こうした強い反応が出た背景には脳科学・神経科学が大きい注目を浴び始めていた時代的タイミングがあった。何にせよ、この議論は大きな反応を呼び、今まで一部の哲学者の間だけで議論されていたクオリアの問題が広い範囲の人々、哲学者のみならず、神経科学者や、エンジニア、理論物理学者などへ知れ渡る一つのきっかけとなる。
 
その後、[[ツーソン会議]] (1994年-) や[[国際意識科学会|意識研究学会]] (1994年-) などの国際的な研究会・学会も継続的に開催され、[[:en:Consciousness and Cognition|Consciousness and Cognition]] (1992年-) , [[:en:Journal of Consciousness Studies|Journal of Consciousness Studies]] (1994年-) , [[:en:Psyche (journal)|Pysche]] (1994年-) といった意識を専門的に扱う[[学術雑誌]]も号を重ねる。そして意識の問題を扱った数多くの書籍が出版されていく。これらによって意見の一致が見られるようになった、というわけではないが、さまざまな分野でどういう問題が議論されているのか、何が論点なのか、といった問題に関する情報についての相互理解は進むようになった。
 
哲学的な思索の歴史を振り返ると、類似の意味を持った概念は歴史上、いくども使われている。たとえば[[ジョン・ロック]]が一次性質と対比させて使った二次性質という概念、カントが[[物自体]]という概念と対比して使った[[表象]]、[[論理実証主義]]者たちが使用した[[センス・データ]](感覚与件)の概念、また[[現象学]]における[[現象]]、そして[[東洋哲学]]で言えば[[仏教]]における[[六境]]、[[西田幾多郎]]における[[純粋経験]]等がある。これらは異なる文脈や意味で使用されてきた言葉だが、主観的な意識的な体験、意識的な現れ、のことを主に指す言葉として、それぞれの時代の議論の中で用いられた。
 
西洋哲学の歴史の中での扱いの変化を見ると、こうした意識へ表れるもの、というのは、長い間、もっとも確実で疑い得ないものとして扱われてきた。つまり主に[[認識論]](正しい知識とは何か、確実な知識とは何か、ということを扱う哲学の一分野)の議論の中で、一番確実視される基盤的なものとして扱われることが長く続いた。たとえばカントは、世界の本当の所どうなっているかは分からない(物自体は知りえない)、しかし意識への表れ、表象については語りうる、といった認識論を展開した。20世紀前半の論理実証主義者らは、科学の認識論的な基礎付けは、さまざまな命題を最終的には感覚的な言明(赤い色が見える、など)に帰着させることで達成されるだろう、といった考え方をした。しかしこうした20世紀前半まで、西洋哲学の中で、そうした主観的で意識的な感覚というのがそもそも何なのか、という議論はさほど活発ではなく、問われることもそう多くなかった。
 
20世紀終盤になって出てきたクオリアに関する[[説明のギャップ]][[ハードプロブレム]]の議論は、認識論の文脈というより、主観的な意識的体験とは何のか、これは脳と同じものか、違う存在か、といった[[存在論]]的な議論が大きい比重を占めている。
 
== 様々なクオリア ==