「計算機科学」の版間の差分

 
== 他の分野との関係 ==
計算機科学という名前にも関わらず、計算機科学の研究対象は物理的な電子計算機そのものではない。例えば著名な計算機科学者[[エドガー・ダイクストラ]]は「天文学が望遠鏡に関する学問でないのと同様に、計算機科学はコンピュータに関する学問ではない」という言葉を残している。コンピュータの設計と開発は計算機科学の領域外の話である。例えば[[ハードウェア]]は[[計算機工学]]の領域であるし、商用[[コンピュータシステム]]とその利用は[[情報技術]]とか[[情報システム]]と呼ばれる。ただし、コンピュータのハードウェアはその計算手法と密接な関係にあり、応用技術のなかにも計算機科学の対象となる部分がある。また、計算機科学と他の周辺学問分野との間では新たな学問がいくつも生まれている。計算機科学と関係の深い学問分野として、[[哲学]]、[[経済学]]、[[数学]]、[[物理学]]、[[言語学]]などを挙げることができる。
 
一部の人々は計算機科学は[[数学]]と最も関連が深いとみなしている<ref name="Denning_cs_discipline" />。初期の計算機科学は[[クルト・ゲーデル]]や[[アラン・チューリング]]などの数学での業績に強い影響を受けていたし、[[数理論理学]]、[[圏論]]、[[領域理論]]、[[代数学]]といった領域は計算機科学と数学の間でアイデアをやり取りする領域となっている。