「ゼロ・グラヴィティ」の版間の差分

整理
(出典テンプレート利用)
(整理)
{{Otheruses|ダンス・パフォーマンス|映画|ゼロ・グラビティ (映画)}}
[[File:Anti-gravity lean 2014-11-13.gif|thumb|right|150px]]
'''ゼロ・グラヴィティ'''(アンチ・グラヴィティ<ref>{{Cite news|title=マイケル・ジャクソンの衣装デザイナーが来日 思い出語る|newspaper=朝日新聞|date=2012-10-30|author=中島耕太郎|url=http://www.asahi.com/fashion/topics/TKY201210270179.html|accessdate=2015-03-18}}</ref><ref>{{Cite web|url=http://mobileascii.jp/elem/000/000/104/104509/|title=スマートフォンラウンジがドコモラウンジにリニューアル|accessdate=2015-03-18|author=ASCII.jp編集部|date=2014-06-25|publisher=KADOKAWA}}</ref>、{{lang-en-short|Anti-gravity lean}})は[[マイケル・ジャクソン]]の[[ダンス]][[パフォーマンス]]である<ref>{{Cite web|url=http://www.sonymusic.co.jp/artist/MichaelJackson/info/333395|title=プレイステーション ネットワークにて、5曲のミュージック・ビデオを追加配信!|accessdate=2015-03-18|date=2010-02-03|publisher=ソニー・ミュージックマーケティング}}</ref>。
'''ゼロ・グラヴィティ'''は[[マイケル・ジャクソン]]の[[ダンス]][[パフォーマンス]]である。
 
'''アンチ・グラヴィティ・リ本パフォ'''({{lang-en-short|Anti-gravity lean}}{{patent|US|5255452|Method and means for creating anti-gravity.|[[マイケル・ス実現のためジャクソン]]、[[マイケル・ブッシュ]]、[[ダニエル・トンプキンス]]と連名で、{{patent|US|5255452|Method and means for creating anti-gravity illusion}}として特許を取得している<ref name="patent">{{Cite web|url=http://www.google.com/patents/US5255452|title=Method and means for creating anti-gravity illusion|publisher=[[Google]]|accessdate=2014-7-16}}</ref>。
 
== 概要 ==
しかし、この仕掛けは即時の脱着が困難であるようで、映像の中でもダンスパフォーマンスの終了後即座にカットが切り替わり、また、この仕掛けをそのまま用いてライブ上でこのダンスパフォーマンスを再現することはできず、同年の[[バッド・ワールド・ツアー|バッド・ツアー]]でSmooth Criminalを披露する際にも、そのパートは省かれている。<ref group="注">公式に映像ソフト化されている1988年の公演の様子で確認できる。</ref>
 
後年(1992年)になって、このパフォーマンスをライブで再現するために考え出された技術が、上述Method and means for creating anti-gravity illusionである。こ'''ア技術を使うことで、[[Dangerous World Tour]], [[HIStory World Tour]]ではダンスパフォーマスとしてゼロ・グラヴィティ・リをライブのステン'''ジ上も再現できようになった
この技術を使うことで、[[Dangerous World Tour]], [[HIStory World Tour]]ではダンスパフォーマンスとしてのアンチ・グラヴィティをライブのステージ上でも再現できるようになった。
 
このように映像作品におけるそれと、ライブのステージ上におけるそれは、厳密にはその仕組み・仕掛けが異なっている。また、時系列的には、映像におけるダンスパフォーマンスをライブのステージ上で再現するために考え出されたのが、技術としてのゼロ・グラヴィティである。
 
原語の英語では"anti-gravity lean"(アンタイグラヴィティ・リーン [[反重力]]の傾き)と呼ばれるが、日本語では「ゼロ・グラヴィティ」(zero gravity [[無重力]])という呼称をレコード会社が用いている<ref>{{Cite web | url= http://www.sonymusic.co.jp/artist/MichaelJackson/info/333395 | title=プレイステーション ネットワークにて、5曲のミュージック・ビデオを追加配信! | accessdate=2015-03-18 | date=2010-02-03 | publisher=ソニー・ミュージックマーケティング }}</ref>。「アンチグラビティ」「アンチ・グラヴィティ」と呼ばれることもある<ref>{{Cite news | title=マイケル・ジャクソンの衣装デザイナーが来日 思い出語る | newspaper=朝日新聞 | date=2012-10-30 | author=中島耕太郎 | url=http://www.asahi.com/fashion/topics/TKY201210270179.html | accessdate=2015-03-18 }}</ref><ref>{{Cite web | url= http://mobileascii.jp/elem/000/000/104/104509/ | title=スマートフォンラウンジがドコモラウンジにリニューアル | accessdate=2015-03-18 | author= ASCII.jp編集部 | date=2014-06-25 | publisher=KADOKAWA }}</ref>。
 
== 仕組み ==
2,176

回編集