「ジョナ・ロムー」の版間の差分

編集の要約なし
m
[[トンガ]]の家系をもち[[オークランド (ニュージーランド)|オークランド]]に生まれる。オークランドのウェズリーカレッジ卒業。身長196cm、体重119kg(公式発表)の身体から生み出される圧倒的なパワーと爆発的なスピードを兼ね備え「暴走機関車」「空飛ぶ巨象」と呼ばれる。100mを10秒5で駆け抜ける脚力をもちWTBとして活躍。高校時代から才能を開花し、ニュージーランドU-17代表、U-19代表、U-21代表を経て[[1994年]]には史上最年少の19歳で[[ラグビーニュージーランド代表]](オールブラックス)に選出される。オールブラックスでは63キャップ、37トライ、ワールドカップ15トライを記録。
 
[[1995年]]の[[1995 ラグビーワールドカップ1995|ラグビーワールドカップ]]へ出場するも決勝戦で[[ラグビー南アフリカ代表|南アフリカ]]に敗れ準優勝に終わる。ロムーは同大会で7トライをあげトライ王に輝く。[[1996年]]の南アフリカツアーに参加するも、怪我と[[ネフローゼ症候群]]に悩まされ、[[1997年]]シーズンは数試合に出場するも、残りの試合を欠場。[[1998年コモンウェルスゲームズ]][[7人制ラグビー]]ニュージーランド代表として出場し金メダルを獲得する。[[1999年]]に開催された[[1999 ラグビーワールドカップ1999|ラグビーワールドカップ]]に出場し8トライをあげるもチームは準決勝で敗退。3位決定戦にも破れ4位に終わる。ロムーは同大会トライ王に輝く。この大会後に[[アメリカ合衆国|アメリカ]]の[[NFL]]、[[イングランド]]の[[プレミアシップ (ラグビー)|プレミアシップ]]への移籍も噂されたが、オールブラックスでの競技生活を優先するためニュージーランドに留まる。
 
[[2000年]]にオールブラックスメンバーとして8試合に出場。[[2001年]]に開催された第3回ラグビー7人制大会中、怪我で離脱したエリック・ラッシュに代わり急遽招聘され、ニュージーランドを優勝に導く。[[2003年]]に[[腎臓]]機能が悪化し[[人工透析]]を開始する。病状が悪化し腎臓移植以外に回復の兆しはなく、歩くことも不可能と宣告される。[[2004年]]に移植提供者が見つかり手術は成功する(後に腎臓提供者はウェリントンのラジオパーソナリティー、グラント・ケレアマであることがわかり両者は再会を果たす)。
 
手術後のリハビリを経て[[2005年]]に復帰。[[ニュージーランド州代表選手権|NPC]]ノースハーバーと契約するも肩を負傷しシーズンの大半を欠場する。休養中はコーチとしてチームを支え、同年のNPC終了後に[[ウェールズ]]の[[カーディフ・ブルーズ]]でプレーするため[[ケルティックリーグ]]へ移籍する。[[2006年]]4月に足首を負傷しニュージーランドへ帰国する。ノースハーバー2軍を経て、ノースハーバー配下のマッセーに所属。マッセーでも怪我に悩み、わずかな出場機会に終わる。2007年開催の[[2007 ラグビーワールドカップ2007|ラグビーワールドカップ]]への出場意欲を見せるも、[[スーパー14]]のチームとは契約できずこの年に現役引退を発表。引退後は[[ボディビル]]と[[ボクシング]]の練習に勤しむ。2009年にアマチュア・ボディビル大会に出場。
 
2010年6月、[[2011 ラグビーワールドカップ2011|2011年ワールドカップ]]親善大使に就任。2009年10月、[[日本ラグビー協会]]より[[2019 ラグビーワールドカップ|2019年ワールドカップ]]ラグビーアンバサダー(親善大使)に就任することが発表された。2011年11月、ユニセフ・ニュージーランド親善大使に就任。
 
2012年2月、移植した腎臓が機能を停止したことから2度目の腎臓提供を待つと発表された。