「チューブパニック」の版間の差分

編集の要約なし
| Title = チューブパニック
| Plat = [[アーケード]]
| Dev = [[日本物産]]<br/>[[フジテック]]
| Pub = [AC] 日本物産
| Date = [AC] [[1984年]]
| etc=
}}
『'''チューブパニック'''』(''TUBE PANIC'')とは、[[1984年]]に[[日本物産]](ニチブツ)から発売された[[アーケードゲーム]]。[[フジテック]]との共同開発<ref>シューティングゲームサイドvol.11 - [[マイクロマガジン社]] 2015年2月7日発行</ref>
 
キャッチコピーは「画面の全てがコンピュータ・グラフィックス圧倒的な美しさとパワーで迫るレーザーディスクを超えたニュー3Dゲーム」。
 
== 概要 ==
敵や障害物などを破壊したり避けながら突き進む擬似3D[[シューティングゲーム]]である。企画・作曲は高木一郎<ref name="gameside">[http://gameside.jp/sgs/sgs10/ シューティングゲームサイドvol.10 収録インタビュー] - [[マイクロマガジン社]] 2014年9月26日発行</ref>。業界で初めてゲーム基板に回転機能を持たせ、[[バンダイナムコゲームス|ナムコ]]や[[セガ]]などから技術面で注目された<ref name="gameside" />。
 
=== ストーリー ===
94

回編集