「ReiserFS」の版間の差分

編集の要約なし
'''ReiserFS'''(ライザーエフエス)は、[[Linux]]における[[ジャーナリングファイルシステム]]の実装の一つ。Linux [[カーネル|kernel]] 2.4.1から標準搭載となった。Linuxカーネルのソースコードに取り込まれたはじめてのジャーナリングファイルシステムである。
 
1996年から[[ハンス・ライザー]](Hans Reiser)率いるNamesys社によって開発されていたが、後継の[[Reiser4]]の開発に集中するため開発が中止された。2006年にハンス・ライザーが妻の殺害容疑で逮捕された後、2008年にNamesys社も廃業し、主要な開発者であったハンス・ライザーは2008年に懲役15年の判決が下ったため、現在はボランティアベースで開発が進められている。
 
== 主な特徴 ==
2000年代中頃においてはいくつかのLinuxディストリビューションにおいてデフォルトのファイルシステムとなっていた。多くのディストリビューションで、インストール時にファイルシステムとして選択できた。大手ディストリビューションの中では[[SUSE Linux]]で採用されていたのが代表的である。
 
しかしハンス・ライザーが殺人罪で逮捕された2006年に、{{要出典範囲|後継のReiserFSReiser4ともども著しく評価を落とし|date=2014年2月}}、SUSEも[[ext3]]への移行を発表した。
 
デフォルトとして採用されている物の一覧は[[:en:Comparison of Linux distributions#Technical]]を参照。
匿名利用者