「ウマ目」の版間の差分

m (Removing Link GA template (handled by wikidata))
 
==進化==
従来の説においては、ウマ目とウシ目は約6,000万年前に[[顆節目]]を祖として分岐、進化したとされてきた<ref>『脊椎動物の進化』 400頁</ref>。しかし[[2006年]]、[[分子生物学]]の見地から異なる見解が提示された。[[レトロトランスポゾン]]の挿入位置の解析の結果、ウマ目は[[ネコ目]]、[[コウモリ目]]などと近縁であることが判明し、[[ペガサス野獣類]]{{sname||Pegasoferae}}という[[クレード]]にまとめられると発表された。ウシ目とウマ目は同じ[[ローラシア獣上目]]に属すものの系統的にはやや離れており、両者の蹄はそれぞれ独自に進化したある種の[[収斂進化]]である。<ref>『動物の起源と進化』 43 - 44頁</ref>ただし、ウシ目([[クジラ目]]も含む)が、ウマ目のほかコウモリ目やネコ目も含むクレードに属し、中でもコウモリ目やネコ目よりもウマ目に一番近いとする研究結果もある<ref>http://www.nature.com/nature/journal/vaop/ncurrent/full/nature14249.html Figure 2 を参照</ref>
 
ウマ目は[[始新世]]から[[漸新世]]にかけて繁栄し、特に[[漸新世]]には[[サイ|サイ科]]で陸上哺乳類史上最大の種(パラケラテリウムまたは[[インドリコテリウム]])が現れるなど、その繁栄の絶頂にあったが、[[中新世]]以降は地球の寒冷化による環境の変化によって多くの種が絶滅し、更に[[ウシ亜目]]などの反芻類の進化に押されて衰退を始める。地質時代には240属と多様性を誇ったこのグループも現在はわずかに3科6属20種しか生き残っていない。<ref>『哺乳類の進化』 98 - 99頁</ref><ref name="絶滅哺乳類図鑑">『絶滅哺乳類図鑑』 140頁</ref>
匿名利用者