「仏哲」の版間の差分

編集の要約なし
'''仏哲'''(ぶってつ、生没年不詳)は、[[奈良時代]]の渡来僧。'''仏徹'''とも書く。[[チャンパ王国|林邑国]][[フエ]]の出身。
 
[[インド]]に入り[[菩提僊那]]に師事して密呪に秀でた。[[唐]]の[[開元]]年間([[713年]] - [[741年]])菩提僊那とともに入唐、当時[[日本]]から唐に滞在していた僧[[理鏡]]等の招きにより、[[736年]]([[天平]]8年)師の菩提僊那・唐の僧[[道セン|道璿]]等とともに来日した。[[大宰府]]を経て[[平城京|都]]に入り、[[大安寺]]に住した。聖武天皇の信頼篤く、752年の奈良東大寺大仏完成時の法要で舞楽を奉納し、「[[菩薩]]」、「[[抜頭]]」などといった[[舞]]や林邑楽(現在のベトナムに伝わった雅楽の楽種の一つ)を伝え、また多くの密教経典、論籍も請来したという。大安寺では林邑楽などを楽人に教え、[[752年]]([[天平勝宝]]4年)の[[東大寺]][[大仏]]開眼供養会の際も舞を伝授した。仏哲が伝えた林邑楽は、[[春日若宮おん祭]]で毎年12月に披露されている
 
{{buddhism-stub}}