「アンドレイ・ズビャギンツェフ」の版間の差分

m
(全体の訂正・加筆)
[[2003年]]、初の[[長編]]『[[父、帰る]]』を発表。[[第60回ヴェネツィア国際映画祭]]で[[金獅子賞]]と[[ルイジ・デ・ラウレンティス賞]]を受賞した。[[2007年]]には[[ウィリアム・サローヤン]]の小説を原作に、2作目となる『[[ヴェラの祈り]]』を発表。[[第60回カンヌ国際映画祭]]のコンペティション部門に出品され、[[コンスタンチン・ラヴロネンコ]]に同映画祭[[カンヌ国際映画祭 男優賞|男優賞]]をもたらした。
 
[[2011年]]には3作目となる『[[エレナの惑い]]』を発表し、[[第64回カンヌ国際映画祭]]の[[ある視点]]部門で審査員特別賞を受賞した。[[2014年]]には4作目の『[[リヴァイアサン (2014年の映画)|リヴァイアサン]]』を発表。[[第67回カンヌ国際映画祭]]で[[カンヌ国際映画祭 脚本賞|脚本賞]]を受賞した<ref>{{Cite web |url=http://www.festival-cannes.com/fr/theDailyArticle/61156.html |title=Le Prix du scénario a été attribué à Andrey Zvyagintsev et Oleg Negin pour Leviathan |accessdate= 24 May 2014 |work=Cannes}}</ref>。また、[[第72回ゴールデングローブ賞]]の[[ゴールデングローブ賞 外国語映画賞|外国語映画賞]]を受賞し<ref>{{Cite web |url=http://www.dickclark.com/wp-content/uploads/2014/12/72nd-Annual-Golden-Globes-Nominations.pdf |title=72nd Annual Golden Globe® Awards Nominees Announced |accessdate = 25 March 2015 |work=dickclark.com}}</ref>、[[第87回アカデミー賞]]の[[アカデミー外国語映画賞|外国語映画賞]]にもノミネートされた。
 
== 監督作品 ==
2,614

回編集