「ヴェネツィアン・グラス」の版間の差分

 
しかし元々原材料や燃料を自国で産出できない土地柄であるヴェネツィア共和国は、ヴェネツィアン・グラスの技術が原材料の豊富な国々に漏れコピー製品が作られることを恐れたため強力な保護政策を取った。
[[1291年]]には全てのグラス工房の[[ムラーノ島]]への強制移住を決定。グラス職人やその家族・販売者を島に住まわせ、島外に逃げる者は厳しく罰し功績を挙げたものには手厚い褒を与えるという法令を発令した。この政策には、火事を防ぐためという名目もあった。
これにより狭い島の中に工房が密集したため技術の切磋琢磨が進みグラステーブルや[[シャンデリア]]、[[鏡]]など様々な名品が作られた。