「ボヘミアガラス」の版間の差分

 
== 特徴 ==
緑の[[ソーダガラス]]を使った安価な日用品から、丹念なカットとり込みが施された高級品の[[クリスタルガラス]]まで、ボヘミアガラスには様々な種類の製品が存在する<ref>渡部、五木、弦田『ガラスの楽しみ方』、98頁</ref>。[[ボヘミア]](チェコ西部)産の木灰からとれたカリ([[炭酸カリウム]])を原料とする無色透明の[[カリガラス]]、17世紀に考案されたり込み(エングレーヴィング、グラヴィール彫刻)がボヘミアガラスの特徴である<ref name="numa241">沼野『中欧 ポーランド・チェコ スロヴァキア・ハンガリー』、241頁</ref>。銅製の回転盤による浮き彫り、研磨、カットに適したカリガラスによって、独特の特徴が確立されている<ref name="shinohara296">篠原「チェコのガラス」『チェコとスロヴァキアを知るための56章』、296頁</ref>。
 
カリ分を主成分とする木灰は、ナトリウム分を主成分とするソーダ灰よりもガラスの透明度を高め、屈折率を大きくする働きがある<ref name="yoshimizu1992-50">由水『ガラス工芸』、50頁</ref>。適量の[[酸化マンガン]]を加えることで、原料に含まれる鉄分から生じる青緑色がガラスから除かれ、無色透明のガラスが作られる<ref name="yoshimizu1992-51">由水『ガラス工芸』、51頁</ref>。
 
ボヘミアでガラスの製造が盛んに行われた理由には、ボヘミアは[[シリカ]]の原料、[[るつぼ]]に使用する粘土や窯の素材となる岩石にも富んでいたことも挙げられる<ref name="kurokawa-gi42">黒川『ガラスの技術史』、42頁</ref>。また、[[ヴルタヴァ川]](モルダウ川)や[[エルベ川]]などのボヘミアを通る河川はガラスの材料と完成した製品の流通路となり、器具の動力となる水車の利用を助けた<ref name="kurokawa-gi42"/>。
 
== 歴史 ==