メインメニューを開く

差分

イナゴは[[バッタ]]の仲間の[[昆虫]]であり、佃煮は[[醤油]]、[[砂糖]]、[[水飴]]などで味付けして煮た料理である。食味は一般的な佃煮と同じく甘辛い。わずかに、[[緑茶]]の茶葉のような爽やかな風味もある。歯ごたえは小[[エビ]]に似る。
 
イナゴは[[長野県]]など、海産物が少ない山間部を中心に多く食用とされる。佃煮にされるのは、体長3センチメートル前後のイナゴの成虫である。[[関東]]の一部では売られてる地域もある。
 
イナゴのほかにも、[[はちのこ|蜂の子]]や[[ざざむし]]、[[ゲンゴロウ]]などの昆虫や昆虫の[[幼虫]]を佃煮とする地方もある(長野県[[伊那谷]]地方など)。また、佃煮のほか、イナゴを炒めた「'''なご炒り'''」という料理もある(長野県[[大北地域|大町]]地方など)。
匿名利用者