「トランスフォーマー/ロストエイジ」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
一方、オプティマスは事態の打開にはさらなる戦力が必要として小型船の中の神殿「テメノス」に収められていた騎士の剣を抜き、そして船内に囚われていた古代トランスフォーマー“ダイナボット”を檻から解き放つ。ダイナボットのリーダーであるグリムロックに自身を主と認めさせたオプティマスはダイナボット達を率いて香港市内に突入、オートボットはダイナボットの力を借りてディセプティコンを蹴散らし、ケイド達と合流した後はシードを街から離れた場所に運ぼうと移動を開始する。しかし、そこにオプティマスを連れ戻すべくまたしてもロックダウンが来襲、宇宙船の磁力吸引装置で無差別攻撃を行いオプティマスを取り込もうとするも、オプティマスの抵抗でその機能は破壊され、オプティマスとロックダウンの戦いは地上に縺れ込む。だがオプティマスはアティンジャーからケイドを守ろうとした一瞬の隙を付かれて窮地に陥ってしまう。しかしそのロックダウンがケイドとバンブルビーの参戦に気を取られている内にオプティマスはテッサとシェーンに救われて体勢を立て直し、遂にロックダウンを撃破する。
 
手勢を失ったガルヴァトロンは敗走、サヴォイとアティンジャーも戦いの中で死亡した事で事態は一応の収束を見る。オプティマスは改めてダイナボット達を自由の身にすると、他のオートボットにケイド達を守るように言付け、自らは二度創造者の手が地球に及ばぬよう星を宇宙に飛び出し創造者の元へ向かうのであった。
 
== 登場人物 ==
188

回編集