「桂小南 (2代目)」の版間の差分

編集の要約なし
(WP:Dに基づきOtherusesを割愛、段落・リンク等整理)
独特な口調は「小南落語」とも呼ばれた。芸に厳しく、終生「稽古の鬼」と称された。[[1969年]](昭和44年)には[[文化庁]][[芸術祭 (文化庁)|芸術祭]]大賞を受賞しており、[[1968年]](昭和43年)と[[1981年]](昭和56年)には文化庁芸術祭の奨励賞、[[1989年]]([[平成]]元年)には[[芸術選奨]]文部大臣賞を受賞した。
 
門下には、[[桂文朝]]、[[桂南喬]]、[[桂南八]]、[[桂南治]]、[[桂南なん]]、3代目[[山遊亭金太郎]]、[[桂小南治]]がいる<ref name=iki20/><ref group="注釈">弟子は全員[[江戸噺東京の落語]]で、[[東京弁]]で落語を演じている。</ref>。
 
1996年([[平成]]8年)に死去した。享年77(満{{没年齢|1920|1|2|1996|5|4}})。
匿名利用者