「ウロボロス -警察ヲ裁クハ我ニアリ-」の版間の差分

| 脚本 = [[古家和尚]]
| プロデューサー = 佐野亜裕美
| 出演者 = [[生田斗真]]<br />[[小栗旬]]<br />[[上野樹里]]<br />[[吉田羊]]<br />[[ムロツヨシ]]<br />[[清野菜名]]<br />[[武田久美子]]<br />[[光石研]]<br />[[綾野剛]]<br />[[滝藤賢一]]<br />[[吉田鋼太郎]]<br />[[中村橋之助 (3代目)|中村橋之助]]<br />[[広末涼子]]
| ナレーター =
| 音声 = ステレオ放送<br/>一部の回で音声多重放送を実施
第5話と第6話ではスペシャル企画として、出演者による副音声解説'''「ウラバラス」'''と本編とは別番組扱いで本編放送前1分間のスピンオフドラマが放送された。
 
「ウラバラス」では生田、小栗、そして司会進行役としてムロツヨシが[[オーディオコメンタリー]]を行った<ref>{{Cite news |title=ドラマ「ウロボロス」脱線副音声が話題 |url=http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/02/21/0007758432.shtml |date=2015-02-21 |newspaper=デイリースポーツ online |publisher=デイリースポーツ |accessdate=2015-02-21}}</ref>。2回の実施で終了予定であったが、ドラマの見所や撮影の裏話に加え、ドラマの内容から脱線したトークも話題となったことから、第8話以降も復活した。先の3名に加え、第8話では吉田羊<ref>{{Cite news |title=『ウロボロス』話題の”脱線”副音声、3・6放送の第8話で復活 |url=http://www.oricon.co.jp/news/2049371/full/ |date=2015-03-02 |newspaper=ORICON STYLE |publisher=オリコン |accessdate=2015-03-02}}</ref>、第9話では吉田鋼太郎が加わった。また、最終話では物語に集中してもらいたいという理由からウラバラスは番組の中盤で終了した<ref>{{Cite web |date=2015-03-20 |url=http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/03/20/0007839184.shtml |title=ウラバラス最終回も悪ふざけ |publisher=デイリースポーツ |accessdate=2015-04-01}</ref>
 
また、スピンオフドラマとして、第5話ではムロツヨシ主演の『'''ムロボロス〜この際だからやっとく感じ。'''』、第6話では吉田鋼太郎主演の『'''コウタロス〜この娘こそ、実子?'''』が関東地区のみで21:59 - 22:00にかけて1分間放送された(本編とは別番組扱い)。
; その他
:* 柏葉 結子 - [[広末涼子]]<ref>{{cite web|url =http://www.cinemacafe.net/article/2014/12/24/28344.html|title =広末涼子、生田斗真&小栗旬の“先生”に! ドラマ「ウロボロス」|publisher=CinemaCafe.net|date=2014-12-24|accessdate=2014-12-25}}</ref>
:* 那智 聡介 - [[綾野剛]](第7話 - 第9話)<ref>[http://natalie.mu/comic/news/139080 驚異の再現度!ドラマ「ウロボロス」那智聡介役に綾野剛] - ナタリー 2015年2月21日配信、同日閲覧</ref>
:* ジーザス御子柴 - [[田中要次]]
:* 劉 宗鉉 - [[山本學]]
:* 山城 重禎(山城会会長) - [[佐々木勝彦]](第6話)
:
; 第6話 「目の前から消えるよ絶対絶命」 第7話 もう一人の幼なじみ現る何でだよ、結子先生
:* 山城 隼人(山城の息子・山城会幹部) - [[中野裕太 (タレント)|中野裕太]]
:* ルミちゃん(キャバクラ嬢) - [[岡本杏理]](第6話スピンオフ)
:
; 最終話 「ただいま」
:* 北川 貴博(北川の息子) - [[泉澤祐希]]
 
=== スタッフ ===
6,007

回編集