「長母音」の版間の差分

編集の要約なし
長短の違いで意味の弁別を行う[[言語]]があり、[[日本語]]はその代表的な例である。中には[[エストニア語]]のように短・長・超長の三段階で意味を区別する言語もあるが、非常に珍しい。
 
[[英語]]では、[[アクセント]]がある緊張母音は長母音で発音されることも多いが<ref>特に[[アメリカ合衆国]]の[[英語]]でその傾向が強い。</ref><ref>例えば「Thomas({{IPA-en|'tɔməs}} )」は音声学上は「{{IPA-en|'tɔːməs}} 」の発音に近い場合がある。</ref>、[[アクセント]]に伴う現象であって、意味の弁別には関与しない。<!--実際の長さ自体は-->意味の弁別には関与しない。特に[[アメリカ合衆国]]の[[英語]]でその傾向が強い。
 
== 発音記号に於ける表記 ==
== 英語の長母音・短母音 ==
{{see|英語学#音声・音韻学}}
現代英語においてける英語話者の認識では、「long vowel」(長母音)は音声学的な長母音を意味しない場合が多い。その代わりに、上述の歴史的変遷を経た英語の母音の二種類の区別の一方を意味する場合が多い。具体的には、<ref>[[フォニックス]]教育で用いられるように、a・e・i・o・u をアルファベット文字名で発音することを長母音と呼ぶ。<!--[[フォニックス]]教育の影響から、実際の発音の長短より、単語の中にあってその文字名と同じ読み方をされる a・e・i・o・u を指すことが多い。-->たとえば、baby の {{ipa|eɪ}}、meter の {{ipa|iː}}、tiny の {{ipa|aɪ}}、broken の {{ipa|oʊ}}、humor の {{ipa|juː}} などは、この意味での長母音」である。したがって音声学的には記号 {{IPA|ː}} で表される「長母音」であってもそう呼ばれない場合があり(母音についても同様)、母音の長短について述べるときは混乱区別招きやすい行う。</ref>
 
a・e・i・o・u についての例では、baby の {{ipa|eɪ}}、meter の {{ipa|iː}}、tiny の {{ipa|aɪ}}、broken の {{ipa|oʊ}}、humor の {{ipa|juː}} などは、この意味での「長母音」である。
<!--具体的には、[[フォニックス]]教育で用いられるように、a・e・i・o・u をアルファベット文字名で発音することを長母音と呼ぶ。--><!--[[フォニックス]]教育の影響から、実際の発音の長短よりも、単語の中にあってその文字名と同じ読み方をされる a・e・i・o・u を指すことが多い。-->
 
したがって音声学的には記号 {{IPA|ː}} で表される「長母音」であってもそう呼ばれない場合があり(短母音についても同様)、母音の長短について述べるときは混乱を招きやすい。
 
== 脚注 ==
6,908

回編集