メインメニューを開く

差分

 
== 生涯 ==
当初は[[フランス王国|フランス]]王[[ルイ16世 (フランス王)|ルイ16世]]との縁組みが考えられていたが、ナポリ王と婚約していたすぐ上の姉[[マリア・ヨーゼファ・フォン・エスターライヒ (1751-1767)|マリア・ヨーゼファ]]が1767年、結婚直前に急死したため、翌1768年に急遽マリア・カロリーナがナポリの[[フェルディナンド1世_(両シチリア王)|フェルディナンド4世]]へ嫁ぐことになった。突然の結婚に、同じ部屋で暮らし非常に親しかった妹[[マリー・アントワネット|マリア・アントーニア]](マリ・アントワネット)は大変悲しんだという。
 
婚前の約束から、政治に興味を持たなかった夫フェルディナンドに代わって政治の実権を握った。長きにわたって続いたスペインの政治的干渉からナポリ王国を解放し、前国王時代から政治を牛耳っていた[[ベルナルド・タヌッチ]]を追放、兄[[レオポルト2世 (神聖ローマ皇帝)|レオポルト2世]]にならい[[士官学校]]を作り、軍隊の再編をしている。また、多くの子にも恵まれ、母マリア・テレジアに最も似た人生を送った。軽率なマリア・アントーニアではなく{{要出典範囲|マリア・カロリーナが当初の予定通りフランス王妃となっていたら、歴史は大きく異なっていたと言われている|date=2010年5月}}。
35,528

回編集